J O E N A K A M U R A B L O G

I'm A Radio

昨夜はサイト「GYAO」でジョニ・ミッチェルのドキュメント映像を見る。
今や音楽の世界では名匠として名を馳せるジョニだが、今まで僕は何枚か勿論聞いた事はあったのだがそこまで惹きこまれなかった。
が、改めて映像で彼女の音楽に触れるとその歌の素晴らしさ、ギタリストとしての演奏の上手さ、そして楽曲の独創性に頭を垂れた。ちょうど今の自分のタイミングと上手くシンクロしたのだろう。季節のせいもあるかもしれない。

72年に発表されたアルバム「For the Roses」で彼女は今までのフォークシンガーとしてのサウンドからバンドを従えたロック/ポップスを抱擁したサウンド路線へとシフトチェンジする。
マネージャーから「売れる曲を書け」と言われ作ったという「恋するラジオ(You Turn Me On I'm A Radio)」。(シングルカットされ全米で大ヒットする。)
ジョニは「みんなが気に留める言葉をただ書き連ねたのよ。」と笑って語っていた。



[PR]
by joenakamura | 2009-09-08 22:42 | 音楽 | Comments(0)