J O E N A K A M U R A B L O G

ミリキタニの猫

DVDで「ミリキタニの猫」を観る。
ニューヨークのソーホーで絵を描き続ける、80歳のホームレスの日系人、ジミー・ミリキタニ。
彼にたまたま出会ったドキュメンタリー作家リンダがを綴った記録映画。

第二次世界大戦中、理不尽な理由で収容所で暮らした過去を抱えたミリキタニは、その傷を秘めながら路上で絵を描きつづける。折しもニューヨークでは9.11テロが起きた時も、彼は絵を描き続けていた。
戦争を憎みながら、アメリカを憎みながらも、ただただ彼はそれを胸に絵に描き続ける。それを許そうとしながら。

彼の描く猫の絵は、とても可愛らしい。


[PR]
by joenakamura | 2009-10-17 01:13 | 映画 | Comments(0)