J O E N A K A M U R A B L O G

冬へと走りだそう

昼頃、目を覚ますと家の中でも寒さが分かる。
キンと音が鳴りそうなほどの張り詰めた空気と青空が冬を思い出させる。

風呂に入って体を温めたあと、屋上に出て犬達と遊ぶ。
硬質な陽射しながら、ずっと寝転がっていると暖かくなりついウトウトとする。

午後は延々とギターを弾く。
今まで出来上がった新曲をもう一度さらい直したり、人の曲を練習したりする。
知らないコードを練習するが、なかなか指が覚えてくれない。
だが、ただただ無心でギターを弾いているのはとても楽しい。
何時になったら上手になるのか、というような稚拙な技術だが、
こういった気持ちは高校生くらいからあまり変わらないな、と思う。

寒くなると聞きたくなる。
かせきさいだぁ「冬へと走りだそう」

[PR]
by joenakamura | 2009-11-03 22:26 | 音楽 | Comments(0)