J O E N A K A M U R A B L O G

偲ぶ会

先日亡くなられた脚本・演出家の大久保圭介さんを偲ぶ会へ足を運ぶ。

高円寺のスタジオで開催されたこの会、奥に献花台があり、壁には写真が飾られ、スクリーンでは今までの芝居などのDVD映像が上映されていた。
献花の後、座ってただ色々な芝居の映像を見る。僕は彼と会ったのはPVの撮影時と、芝居を見させてもらった時の2度の機会しかなかったのだが、数時間の芝居の中にエログロナンセンス、ダンスに涙と全てを詰め込むその類まれなる才能と熱気に圧倒され、生前にもっと知りあえたらととても後悔した。
ご冥福を心からお祈りします。

大久保さんのお父さんが挨拶されたのだが、心苦しい中も息子さんの死を受けいれ「何事も必然だと思う」と言われた事に大きく胸を揺さぶられた。
[PR]
by joenakamura | 2009-11-30 00:49 | 生活 | Comments(0)