J O E N A K A M U R A B L O G

CDには未収録の自作曲を数えてみる。

曲として完成しながらも他の収録曲に部分的にアイデアを使った曲もいくつかあるので、
そういった曲は除くとしても十数曲ほど曲があった。
これらを録ればアルバムになるじゃん!と思ったがそう単純なものでもないか。
ハッピーズ時代も数えたらもっとあるかもしれない。

最近はアルバム、という形体に少し疑問を抱いていた。
最近のCDアルバムは14,5曲入って当たり前だが、リスナーとしての耳で聞くと
7~8曲くらいの、世で言うミニアルバムくらいが一番聞きやすいんじゃないかなぁと思う。5曲くらいでもいいかもしれない。それだとマキシシングルか。でも呼び名なんてどうでもいいのにな。
配信とかパッケージが無いものには未だに些か不信感はぬぐえないけれど…。

阿佐ヶ谷ハッピーズ時代、まだギターを持って間もないころ(たぶん18歳くらいの頃か)作った「29番列車」という曲があるのだけれど、いつかそれを推敲して録音したいなぁとふと思った。
[PR]
by joenakamura | 2010-01-07 00:14 | 音楽 | Comments(0)