J O E N A K A M U R A B L O G

RIP

中学~高校時代、世はバンドブーム。
インディーズ御三家と言われた「ラフィン・ノーズ」「ザ・ウィラード」「有頂天」が人気を博し次々とメジャーデビュー。
サブカル誌「宝島」を愛読していた思春期真っ只中の自分はその影響を存分に受ける事になる。

いまだクロマニヨンズでロックンロールし続けるヒロトとマーシーが在籍した今や伝説の「ザ・ブルーハーツ」のデビューもその勢いの中で飛び出してきたのだと思う。

俺が当時から強烈にひきつけられたのは「ザ・ウイラード」で、パンクバンド「ダムド」の影響を受けているのは明らかながら、それに加えたパンクと言うよりはロマンチックな世界観、海賊、マカロニウェスタンを彷彿とさせる「イカれたディズニーランド」なビジュアルに俺は夢中になり、そこから音楽に目覚めたと言っても過言ではない。

彼らが1986年にメジャーデビューと共に加入したギタリストShin氏が亡くなったそうだ。

Shin氏は90年に脱退するまでメインギタリストとして活躍した。
活動期間はけっして長くないがちょうど自分が一番ウィラードを聞きまくっていた時期。
嫌でも耳に刷り込まれた訳で思い入れは深い。
ご冥福をお祈りします。


そんなウィラードは未だにバンド活動を止めず活動中。(間大きなブランクはあったが)
嬉しくなる。


俺も明後日ライブ頑張ろう。
[PR]
by joenakamura | 2010-07-27 23:11 | 音楽 | Comments(0)