J O E N A K A M U R A B L O G

部屋の中に海

昨夜は湿気があれど過ごしやすい晩だった。

夕飯を食べ終えると犬たちはすぐに眠ってしまう。
最年長の子の眠りの深さは本当に死んでいるのではないかと思えるほど。
可愛い子犬みたいな見た目の3匹も、もう9歳、10歳、11歳と老犬の域。
寝ている顔はおじいちゃんのよう。

深夜からDVDでウディ・アレンの映画「インテリア」を観る。
ウディ・アレンの映画は「軽快な都会的コメディ」という世間の印象が苦手で、ちゃんと観るのは初めてだったのだが、予想に反し美しい映像と張り詰めた家族の狂気と葛藤のドラマにグイグイとひき込まれた。
この作品はウディの中でも異色とも言えるシリアスな内容だったようで、ちょうど僕の好きなニュアンスにはまったのかも知れない。観てよかった。
音楽のほとんど流れないこの映画のおかげでさらに夜が涼しくなったのかもしれない。

DVDのメニュー画面を立ち上げると波の音がBGMとして流れていて、本編を観始める前そのメニュー画面をしばらくそのままにしていたらとても気持ちよかった。海にそっと出かけた気分になった。
そういえばハッピーズの若林くんに借りたままの、波音だけのCDがどこかにあったはずだ。
(ハッピーズのセカンドの「マキシマムロック」という曲のエンディングに使ったもの)
探してみよう。
[PR]
by joenakamura | 2010-08-10 19:04 | 映画 | Comments(0)