J O E N A K A M U R A B L O G

白楽

土曜。昼の1時過ぎまで寝た。11時間は寝ただろうか。もっと寝られそうだったが何とか起きた。
たらたらテレビを見ていたら好きな漫画「モリのアサガオ」のドラマ化の為の番宣番組がやっていてついつい目を奪われる。この漫画、「きらきらひかる」などで有名な郷田マモラ氏作の死刑執行官を描いたとても興味深い漫画で、一巻読み終えたら止まらなくなり全巻大人買いして読み終えた大好きな作品だ。ドラマも時間が合えば見てみたいと思った。

午後は久々にはっぴいえんどを延々と聞き過ごす。ほんとに久しぶりにだったが新たな発見があった。
これが当時20代前半そこそこのメンバーのサウンドとは今聞いても頭が垂れる。
全てのアルバムが好きだが僕は結構ファーストの「ゆでめん」の未完成な感じがやはり好きだ。

夜になって白楽へ。
白楽商店街で開催の闇市というお祭りで福岡史朗さんがライブをするというので見に行ったのだ。
高架下の懐かしい商店街で、コジンマリとそれでいて濃く盛り上がる祭りに浮足立つ。
ばったりとシンガーソングライターの関美彦さんとも会い久々にお話した。元気そうでなにより。

薬局前の道端で9時過ぎ福岡さんのライブが始まる。
ベースに三輪さん、ギターには窪田晴男さんという3ピースセット。途中、窪田さんがリードボーカル、福岡さんがドラムに転じてヴェルヴェットの「waiting for the man 」を演奏。かっこよかった。
終演後、ちょろっと居酒屋での打ち上げに参加させてもらう。
最近の打ち上げはライブ会場そのまま其処で飲む事が多いが、やはり安居酒屋での打ち上げっていいな、と思う。打ち上げはそうでないと。(勝手に出演者でもなく参加しといて言う事でもないが)
来月の7日の代々木ブーガルーでの福岡さんとの共演、ますます楽しみ。
皆、お誘い合わせのうえ是非。
あ、結局宣伝になっちゃいましたね(笑)


最高のバージョン。「waiting for the man 」

[PR]
by joenakamura | 2010-10-17 01:18 | 生活 | Comments(0)