J O E N A K A M U R A B L O G

DOGS

全然知らなかったのだけど、巷では「泣ける」と評判で、今年映画化もされるという漫画「星守る犬」。
ネットでたまたま見つけて気になって、生業の帰りに本屋に寄って購入。
帰りの電車で半分以上読みきり、家についてそのまま読了。

僕は号泣、とまではいかなかったけれど、読み終えあとに何だか無性に切なくなり、もう一度読み返してみると、屈託の無い犬の顔を見てなんだか染みて少しジーンとしました。犬好きにはこういうところはたまらないですね。
犬の無償の愛情にも心打たれるけれど、普通に生きてきた人間がひょんな事で堕ちていく様も実に切なかったなぁ。

犬を飼ってる人はきっと読んだ後、愛犬をきっとナデナデしたくなる事でしょう。
実際自分も勿論ナデナデしました。

映画化されると、きっと過剰なお涙頂戴になるんだろうなぁ。
だって主演が西田敏行なんだもの。(あくまで予想)

こちらで試し読みできます。http://webaction.jp/title/104.php

f0105810_1943449.jpg

[PR]
by joenakamura | 2011-01-20 20:05 | 生活 | Comments(0)