J O E N A K A M U R A B L O G

サントリーローヤル

ちょっと前によくやっていたサントリーの珈琲「シルキーブラック」のCM。
著名人たちが楽団に扮し、砂漠?で演奏するというシチュエーション(新しいやつでは松田聖子が歌ってるやつ)、きっとサントリーは自社の昔のこのCMを基にして作ったような気がするんだけど、どうでしょう。

1982年 サントリーローヤル


フェリーニというかドアーズのセカンドのジャケというかの退廃的なムード満点なこのCM。
当時12歳の自分は、ビビビッ!と惹きつけられて、このBGMで使われている曲「Queen of swords」聞きたさにMark Goldenbergのアルバムを買ったのを思い出します。あれ何処へいっちゃたんだろう。聞きなおしたい。今ならもっと楽しめるはず。

サントリーローヤルのCMはこんなガウディ編もありました。こちらはよりシュール。



またこんなムーディーなCM、どっか作ってくれないもんか。
またCM日記書きます。
[PR]
by joenakamura | 2011-01-28 15:01 | アート・デザイン | Comments(2)
Commented by オガワ at 2011-01-28 21:03 x
なつかしい!僕も強烈に印象にのこっているCMです!!すごく怖かったんです〜。
Commented by joenakamura at 2011-01-29 00:32
>オガワさん
確かに怖いですよね~(笑)
でもこの1分間の映画みたいな濃厚なムード、最高ですよね!