J O E N A K A M U R A B L O G

2012

映画好きなもので、日々ネットで映画情報を拾うのが日課となっている僕ですが、来年の2012年は色々と楽しみな映画公開があるようで今から待ち遠しい限りです。(先の話すぎて実感わきませんが)

まずは今や名匠となったリドリー・スコットが79年に撮った大出世作「エイリアン」のプリクエール(前日譚)として描くと言うSF作品「プロメテウス」。(2012年6月公開予定)
実際にプリクエールになるのか、はたまた「エイリアン」の設定を借りただけの全くのオリジナルとなるのかは情報筋で色々とあるのですが「エイリアン」のDNAを継いだ作品であるのは間違いなさそうです。
主演は「ドラゴンタトゥーの女」で一躍注目となったスウェーデンの女優ノオミ・ラパス(次作はガイ・リッチー監督の「シャーロック・ホームズ2」)は決定だそう。
当初はシリーズ化だの三部作だの3Dだと色々噂がありましたが実際のところは単独作となる模様。何はともあれ「ブレードランナー」「レジェンド」以来のリドリーのSF作に期待は膨らむばかりです。

「エイリアン」オリジナル版(79)のディレクターズカット版のトレーラー


そして昨年「インセプション」で話題を集めたクリス・ノーラン監督のバットマンシリーズの完結編「ザ・ダークナイト・ライズス」。(2012年7月公開予定)
「インセプション」にも出ていたトム・ハーディが悪役としてベインを演じることが明かされ、最近ではアン・ハサウェイの出演が決まりキャット・ウーマンを演じるのではないか?と憶測を呼んでいますが詳細は不明。
傑作だった「ダークナイト」をしのぐ内容となることを期待せずにはいられません。

ファンが勝手に想像して作った「ザ・ダークナイト・ライズス」の予告編。よく出来てます。



そしてそのクリス・ノーランが製作を務め、「300」「ウォッチメン」、そして次回作「サッカー・パンチ」も楽しみなザック・スナイダー監督がメガホンを取りリブートされる「スーパーマン」も主演にヘンリー・カヴィルが決定し、「ダークナイト」と同様のシリアス路線で製作される旨がアナウンスされています。公開は2012年12月予定。
クリストファー・リーヴ演じる80年代の「スーパーマン」シリーズを、装いをあらたに作られたものの大コケしたブライアン・シンガー監督「スーパーマン・リターンズ」と同じ轍を踏まないことを祈るばかりです。(僕自身はそんな嫌いじゃないんですけどね・・・)

そして、そのヘンリー・カヴィルが最終選考まで残ったものの、ダニエル・クレイヴが見事にボンド役を手にし、停滞していたシリーズの再起動に成功した「007」シリーズ最新作「ボンド23」も2012年11月に公開が決定。
噂では悪役に、あの「ノーカントリー」の冷酷な殺し屋シガーを演じたハビエル・バルデムがオファーされているそうです。これ決まったら凄いなぁ。

他にも2012年はリブートされた「スタートレック」(最高!)の続編がサマーシーズンに公開が予定されますし、話題作目白押しです。楽しみ楽しみ。

それにしてもみーんな何カシラのシリーズもの。単独でしぶーくおもーい作品も見たいところです。
ハネケの「白いリボン」も行けてないしなぁ・・・まだ横浜シネマ・ベティでやってるから間に合えば行きたい!

しかし2012年てマヤ暦では地球滅亡?が予言されてるんだっけ・・・?
[PR]
by joenakamura | 2011-02-01 13:04 | 映画 | Comments(0)