J O E N A K A M U R A B L O G

東京の雪

中野での史朗さんのライブ鑑賞の帰り、真っ白になった街中をちょっとはしゃいで先程帰宅。
道中スリップする車を押したりなんかもしたりして。
歩きずらいんだけど、妙にテンションはアップ。
でも綺麗な雪も明日にはカッチンカッチンになって、捨てられたゴミみたいになっちゃうんだよね。
東京の雪は寂しいね。

先日、中原昌也氏の第14回三島由紀夫賞受賞の「あらゆる場所に花束を・・・」を読了。
中原氏の本を読んだのは初めてだったのだけど、ははぁなるほど。。。この感じ結構肌に合う。
切り刻まれた情景と落ちどころなく流れ出す言葉の連続が何とも気持ちが良くなんか元気が出る。(っていうのもおかしな話ですが)

新しい文学とか色々と評価されているみたいですが、そういった事は全く意識せずバロウズでも読む気持ちで笑って楽しむのがいいんではないかと思います。
僕は好きです。だってさっぱりわからないんだもの。ああ面白い。
ただ読む人を選ぶから、普通にストーリーを読みたい人は読むのは絶対やめましょう。
絶対にです。

他のも読んでみようと思います。
[PR]
by joenakamura | 2011-02-15 01:20 | 生活 | Comments(0)