J O E N A K A M U R A B L O G

John Lee

久々にジョン・リー・フッカーのブギをネットで探っていたらすっかりハマッてしまった。
極々ミニマルなサウンドと呪術的な声は、他のブルースマンとは確実に一線を画している。(後期はいわゆるモダンブルーズ的に変わっていきますが)
僕はハウリン・ウルフが大好きなんだけれど(相棒のギタリスト、ヒューバート・サムリンも含む)、ウルフのザリザリした錆付いた鉄のような黒さとはまた違い、静かに流れるタールのようなフッカーのどす黒さは底が見えない程深く、聞き込むと背筋がゾクっとするほどです。
ああ、セミアコが欲しくなっちゃうな。



[PR]
by joenakamura | 2011-03-09 13:25 | 音楽 | Comments(2)
Commented by noggy at 2011-03-09 15:54 x
ヒューバート・サムリンのギターはカミソリだよね。世界で2番目に好きなギタリストです。
Commented by joenakamura at 2011-03-09 16:04
>noggyくん
いいよねーヒューバート。
で一番は誰?