J O E N A K A M U R A B L O G

Digging your scene

家でダラダラとする。
ギターを弾いたり、テレビを見たり、音楽を聞いたり。
多忙だったせいでこういった普通の事が如何に楽しく心躍らせるかをしみじみ実感。

そんな中、カーティス・メイフィールドの1975年の名作「There's No Place Like America Today」を聞き直す。
音のそぎ落とされた張り詰めた空気の中に至福のファルセットが鳴り響く。
素晴らしかった。鳥肌もの。




その流れでカーティスが80年代、UKのDr.ロバート率いるブロウモンキーズと「Celebrate」という曲で共演していた事を思い出した。残念ながらそんな好みの曲ではなかったんだけど。
しかしながらブロウモンキーズ、大好きだった。
名前がまずカッコ良かったしこの大ヒット曲は未だにたまに口をつく程。
いつかカバーしたいと10年くらい思っている。

The Blow Monkeys - Digging your scene

[PR]
by joenakamura | 2011-03-26 23:31 | 音楽 | Comments(0)