J O E N A K A M U R A B L O G

Frozen River

昨夜はDVDで2008年作の「フローズンリバー」を鑑賞。
サンダンス映画祭審査員大賞(グランプリ)ドラマ部門受賞、第81回アカデミー賞主演女優賞、脚本賞にもノミネートされ、タランティーノが絶賛したという低予算作ながらかなり話題になった作品。

アメリカ、ニューヨークの最北端の街を舞台に、購入予定の家の資金を持ったまま夫に出て行かれ、女手一人で貧困の中子ども2人を育てる主人公レイ。
夫を探しまわる中、夫の車を見つけたがそれに乗っていたのはネイティヴ・アメリカンのモホーク族のライラという女性だった。ライラと出会った事でレイは危ない仕事に手を染めるようになる・・・。
といった内容の今作、とても面白かった。

モホーク族の居住地(アメリカから治外法権となっている)や人種間の葛藤、密入国、貧困の街、家族といったモチーフを絡ませたサスペンス仕立ての趣の作品だが、核となるのは「バグダッド・カフェ」などにも通ずる「異文化の女性2人に芽生える友情」で、心温まる感動作となっている。
エンディングに流れる淡々とした曲も、ちょっと「バグダッド・カフェ」の挿入歌「コーリング・ユー」を彷彿とさせなくもない。とてもいい曲。

主演のメリッサ・レオは50歳にして今年のアカデミー賞にて「ザ・ファイター」という作品で助演女優賞を受賞したのも記憶に新しい。(受賞した際、感激のあまり放送禁止用語F●CK!を口走ったらしい)

その挿入歌 Keri Latimer 「Ray's Echo」


トレーラー

[PR]
by joenakamura | 2011-03-30 19:40 | 映画 | Comments(0)