J O E N A K A M U R A B L O G

Anne Pigalle

ちょっと思うところがあり、昼間Youtubeで80年代に一世を風靡したZTTレコーズのアーティストの動画を延々と見る。
ZTTレコーズとは元バグルズのトレヴァー・ホーンらが立ち上げたレコードレーベル。

爆発的にヒット曲を連発したものの、徒花として散った「フランキー・ゴーズ・トウ・ハリウッド」。
当時ウン百万もしたサンプリングマシン「フェアライトCMI」を使い革新的なサウンドを披露した「アート・オブ・ノイズ」。(高校生時代に彼らが来日した時、一人で日本青年館に見に行って驚愕した)
ドイツで結成された独自のダークでポップなエレクトリックロックを奏でる「プロパガンダ」など。
(そういえば前にココに書いたGrace Jones もZTTからのリリースしていた)

ともかくこの3バンドは無性に好きで好きで何枚もレコードを買い、何度も繰り返し聞いたもの。
今回改めて聞いてみてもとてもカッコ良かった。
少し前なら古臭く感じた部分もあったのかもしれないが、巡り巡ってクールな感触。
(まぁ好きなんで贔屓目もあるでしょうが)

そのZTTレコーズ所属で、レコードは持っていなかったのだけれど、確か日本のCMソングになっていた曲でAnne Pigalleの「異邦人(原題:He! Stranger)」という曲があった。(ラジオでエアチェックしたテープを繰り返し聞いた覚えがある)なんのCMかは失念してしまったけれど。
Youtubeで探してみるとPVを発見。80年代ノワール映画仕立てのなかなかいい雰囲気の映像。
いやいやこれも今聞いても素晴らしく好みだ。




明日(というか今日)4月3日ライブです。ぜひ。
■4月3日(日)「cabotte present 蕪音企画vol,8」
会場:代々木ブーガルー出演:the noom/無頼庵/beat caravan/ニシイケタカシgroup/中村ジョー&バビロン
Open 18:00 / Start 18:30  Charge 予約 2,200円 + drink / 当日 2,500円 + drink

>>チケット予約はこちら ticket@joenakamura.com
(件名を4/3チケット予約としお名前・枚数を記載してください。返信が届き次第予約完了です)
※3日正午まで受け付けます。それ以降開場までTwitterのDMで受け付けます。
[PR]
by joenakamura | 2011-04-03 02:00 | 音楽 | Comments(0)