J O E N A K A M U R A B L O G

MAGIC

DVDで映画鑑賞。
ハッピーズ、JOEY時代のディレクター渡邉氏がいつも絶賛していて、
ずっと観たいと思っていた78年のアメリカ映画「マジック」。
監督は「ガンジー」の名匠リチャード・アッテンボロー。
(ジュラシック・パークの科学者役などで役者としても数多く活躍している)
主演はアンソニー・ホプキンス。
冴えないマジシャンが腹話術の人形「ファッツ」を持った事で崩壊していくホラーサスペンスラブストーリー。
内容について詳しくはこちら

登場人物も少なく、舞台も湖畔という狭い場所。
ノドカな田舎を舞台に進むミニマルなサスペンスは、今観るとちょっとコーエン兄弟を思わせたりもします。(残念ながらコーエン兄弟のようなブラックユーモアテイストは垣間見れませんが)
さすがにやや時代がかった感は否めないですが、恐らく分裂症をわずらったのであろう主人公を演じるアンソニー・ホプキンスがこれまた凄まじく、大変惹きこまれました。(若かりしアンソニーはややポール・マッカートニー似)

総括して噂通りのなかなかの佳作で週末の深夜(それもテレ東)で観たい感じの映画。
それにしても腹話術人形の「ファッツ」の恐い事。。。




こちらは同じ「マジック」でも80年代に活躍したTHE CARSの名曲「MAGIC」


最近復活し奇跡の新譜リリースも間近(ベースのベンジャミンは他界してしまいましたが)のTHE CARS。
またリック・オケイセックの歌声が聴けるなんてホント楽しみです。

で、こちらは新譜から「Sad Song」

懐かしいだけでなく進化した今のCARSで嬉しいです。
[PR]
by joenakamura | 2011-05-09 23:42 | 映画 | Comments(0)