J O E N A K A M U R A B L O G

カジくん

渋谷のUPLINKで行われた加地等・追悼イベントへ足を運んだ。
今年の2月に亡くなったシンガーソングライター加地君。僕と同い年だ。
僕はザ・ハッピーズの頃に共演したユーゾーズというバンドのメンバーとして彼に出会い、その後ソロで歌を歌っているという噂は聞いていたが、共演や会う機会も無く時は過ぎて行った。
加地君は数年前に上京し、豊田道倫さんとよく共演していて「この分ならきっと近いうちに会えたりするだろう」と思っていたら彼は急に亡くなってしまった。せっかく演奏を見に行き顔をみせる機会があったのに僕は馬鹿だなぁと思ったが後の祭り。無念でしかない。

イベントは、ドキュメント映画「加地等がいた -僕の歌を聴いとくれ-」の上映後、豊田道倫氏、三沢洋紀氏、前野健太氏、岡敬士氏のトークショーという2部構成。

映像の中で歌われる加地君の曲は凄くイカしていた。
映画だと忘れて、曲が終わった時つい拍手しそうになってしまった。

映像の中でふらふらで飲む加地君はイカれていた。
悲しさと哀しさと夢と希望が入り混じった顔をしていた。

愛のある悪態のトークショーを聞き終え、彼のCDを買って帰った。


[PR]
by joenakamura | 2011-07-08 01:35 | 音楽 | Comments(0)