J O E N A K A M U R A B L O G

3:10 to Yuma

生業の合間を縫ってDVDで観た映画「3時10分、決断のとき」(2007年度作品)がえらく面白かった。

57年に公開された映画「決断の3時10分」のリメイクなのだが、近年珍しい本格的西部劇ながら本国アメリカでは批評家受けも良く大いにヒットした作品で、それもうなずける充実した映画でありました。(日本では西部劇は流行らないと思われたのか、単館でしか公開させなかったようです)
原作はエルモア・レナードの短編で、彼の小説は今までもタランティーノの「ジャッキー・ブラウン」を始め数多く映画化されています。

主演はラッセル・クロウとクリスチャン・ベール。監督はジェームズ・マンゴールド。
監督のジェームズは幼少の頃、元の映画を見てずっとリメイクを夢見ていたそうです。

物語は、南北戦争が終わった後のアリゾナ準州。戦争で片足を失った牧場主のダン(クリスチャン・ベール)は、その土地を乗っ取ろうとする鉄道会社に嫌がらせを受け大きな借金を背負ってしまう。
そんなある日、ダンは名高い悪党ベン・ウェイト(ラッセル・クロウ)率いる盗賊団が駅馬車から大金を強奪するのを目撃する。皆殺しにあった駅馬車の面々の中、ただ一人生き残ったピンカートン探偵社の賞金稼ぎバイロン(ピーター・フォンダ)を救出する。
ダンは借金をしてる主に返済の交渉に行こうとビスビーの街へ向かう。そこの酒場で保安官に捕えられたベン・ウェイトと再会したダン。
ベンに散々被害をこうむっていた鉄道会社の面々は、ベンを離れた街にある駅から出発する列車「「ユマ行き3時10分発」(これが今作のタイトルとなります。原題「3:10 to Yuma」)に乗せ絞首刑にする為護送する事になる。その護送の一員としてダンも参加することになるのだが。。


簡潔に言えば、「男の誇り」と「父親の威厳」そして「ほのかな男の友情」を描いた大変汗臭い話なのですが、ダメ男(ダン)が死ぬ気で男気をみせる姿は、年老いたダメレスラーをミッキー・ローク主演で描いたダーレン・アロノフスキー監督(ブラック・スワン)の傑作「レスラー」にも通じ、はたまた言いかえれば松本零士の漫画の中でのキャプテン・ハーロックの名台詞「男なら、負けると分かっていても戦わねばならないときがある」をそのまま体現しているとも言える、つまりは男泣きの映画なのであります。

ダメ男ダンを演じるクリスチャン・ベールがどうにも二枚目過ぎるのが少々玉に傷な気もしますが、悪党ベンを演じるラッセル・クロウは、極悪人ながら善意や教養をのぞかせるベンを魅力的に演じていて、彼を見るだけでも充分楽しめるはずです。(この後の映画ではすっかりブクブクに太ってしまい興ざめしますが)
ラッセル・クロウ、嫌いな俳優じゃありませんでしたが今作を見て自分的にグンと株があがりました。


西部劇の常連だった名優ヘンリー・フォンダの息子、ピーター・フォンダ=キャプテン・アメリカ(イージーライダー)が出演してる所が何とも憎く映画好きにはたまらないキャスティング。最初にピーターが登場した時から「こりゃ面白いぞ」とワクワクさせてくれました。
白眉は悪党ベンの忠実で冷酷な部下チャーリーを演じたベン・フォスター。ベンとチャーリーの過去は描かれないのですが、チャーリーのベンに対する忠誠心、愛情はどこかしら「同性愛的」でこの映画の大事なフックとなっていました。ほんとイカれた演技にしびれさせてもらいました。


と言う訳で男くさい映画好きな方は是非。
音楽も良いですよ。(アカデミー作曲賞、録音賞を受賞しています)
いや、しかし西部劇の衣装はかっこいいですな。




サントラよりメインテーマ

[PR]
by joenakamura | 2011-08-17 00:01 | 映画 | Comments(0)