J O E N A K A M U R A B L O G

レオ

今日も遅く帰宅。

飯をすませた後10日のライブでのセッション曲をギターで拾う。
黙々とただ曲にあわせギターを弾くのは中学生のギター少年のようで楽しい。
ま、自分がギターをちゃんと弾き出したのは「都会のハッピーズ」リリースのちょっと前の24,5歳の頃だったので、そんな青臭い思春期はなかったのだけど。
皆さん、10日(土)は烏山TUBOへ是非。
僕は藤原マヒトさん、おきょんさんとの3人編成で演奏します。

昨夜も帰宅が遅かったので早く寝ようと思ったのだが、唐突にYoutubeにて昔のアニメソング探訪のスイッチが入ってしましすっかり夜更かうするはめに。
昔のアニソンはルーツミュージクや当時の流行がダイレクトに反映されていて面白いし、何より歌も曲も素敵だ。

このエンディング曲、久々聞いたけど震えたなぁ。
さすが冨田勲先生であります。歌は若かりし弘田 三枝子。「ジャングル大帝」65年作。



「ジャングル大帝」はリアルタイムでは見れなかったけれど、再放送で見た記憶があります。
当時のテレビは夕方の時間はアニメの再放送の宝庫。ルパンやら、ど根性カエルやら、リボンの騎士やら、あしたのジョーやら・・・等々
人間形成の影響を多大に受けた次第であります。


勿論オープニングも素晴らしいです。



ついでに動物繋がりで1963年~1993年まで放送された長寿の動物ドキュメント「野性の王国」の主題歌。
この曲もかなりイカしていて脳裏に焼き付いています。またやればテレビ見るのに。


[PR]
by joenakamura | 2011-09-08 00:50 | 生活 | Comments(0)