J O E N A K A M U R A B L O G

ONCE

マーキンに薦められていた映画「ONCE ダブリンの街角で」をDVDでようやく鑑賞した。
2007年のアイルランド映画。
映画の存在は知っていたのだけれど、こっ恥ずかしいキャッチプレーズ(ふたりをつなぐ、愛より強いメロディ云々)に恋愛映画が苦手な自分はどうも観るのに気乗りしなかったのだが、これがいやいや、なかなかいい映画だった。
ストリートミュージシャンの主人公の奏でる曲が凄くいいな、と思っていたらアカデミー歌曲賞を受賞していた。派手ではない、染みいるようなシンプルなこの楽曲がそういった賞を取ると言うのは、素敵な事だなと思った。

アイルランドのダブリン。
恋人と別れ、父親が一人で経営する実家の掃除機修理店を手伝いながら、ミュージシャンへの夢を見ながら路上で歌う男が主人公。(名前は劇中で明らかにされない)
その彼をたまたま見つけ、音楽的な才能を見出す女性(こちらも名前は明かされない)。彼女はチェコからの移民で、一人娘を連れ不仲の旦那をチェコに残し母親とダブリンで暮らしていた。ピアノの才能があれど、高価なピアノは買う事が出来ず、昼間の一時間、懇意にしている楽器屋の店頭で1時間だけ弾かせてもらう事を楽しみにしている日々。
別れた恋人への未練の残る男、冷めきりながらも旦那と別れられない女。
その二人が音楽を通して淡い恋心を抱きあう物語。

こう書くと、ちょっと赤面しそうなストーリーでもあり、展開もかなりのご都合主義、そして稚拙な演出な所もあったのだけれど、元々音楽家である主演の2人が奏でる楽曲の良さも相まって何だかグっときてしまった。

主人公の男は、30代後半でありながら、プロのミュージシャンへの夢を捨て切れず、デビューを目指し仲間を集め、女性と共にデモテープを作り(全く興味を示さなかった録音エンジニアが、彼の曲を聞いた瞬間に急に態度が変るのだが、「おいおい、そんなの都合良すぎだろ」とツッコミたくなる所、鑑賞の気持ちが萎えなかったのは、ほんとに彼の演奏曲が良かったからである)ロンドンへ旅立っていく。
齢が自分と近い主人公にどうしても感情移入してしまったのも(境遇も含め)心動かされる理由でもありました。




ま、ほんとに大分ご都合主義な展開もあるんだけれどね・・・ファンタジーってことで。
[PR]
by joenakamura | 2012-01-20 22:45 | 映画 | Comments(0)