J O E N A K A M U R A B L O G

朝食

最年長を12歳(父)として、11歳(長女)、10歳(次男)の三匹のチワワが、我が家で一緒に暮らしている。
父と長女の歯はもうガタガタで、長女にいたっては歯が点々と生えているといった具合の老犬だ。
そんな訳で食事の際は、市販の乾燥タイプの老犬用のペットフードを砕いて食べさせる事にしている。

朝、目が覚め、物欲しそうにする3匹をリビングのホットカーペットの所で待たせ、台所で皆の食事の準備をはじめる。
まずは各自のペットフードの量を計り、次男以外のフードをそれぞれ冷凍用ジップロックにほおり込み、上からすりこぎ棒でゴリゴリと潰し粉々にし各器へ入れる。

一時期、乾燥フードの食い付きが悪くなったので、最近ではスーパーで安い魚のアラを買ってきて煮込み、骨を取り除いた後、スープと魚肉をフードに加える事にした。するとまぁ食い付きの早い事早い事。こっちとしては「よくこんな生臭いもの食べれるなぁ」と思うのだが大好物のようだ。

「ゴリゴリ」とフードを潰す時に鳴る音、ここ数年の我が家の朝の決まりの音なのであります。

f0105810_22531662.jpg

[PR]
by joenakamura | 2012-02-01 22:53 | 生活 | Comments(0)