J O E N A K A M U R A B L O G

ジャック・ブレル

土曜日はヘンドリックスにてハッピーズの面々での飲み会。1月のライブ以来久々の全員集合。
ワカはせっせとカウンター内で働いてましたが後半仕事が落ち着いた辺りで席に合流。
ビールを流し込みながらギターを弾いたり楽しい時間を過ごしました。

その帰りに渋谷カボットに寄り道。
倉ゴンのライブがあったので知った顔が打ち上げに興じており、2杯ほど自分も参加。みんな子供みたいにはしゃいでおりました。
結構飲んでいたにもかかわらず、帰りに夜道の寒いこと寒いこと。終始首をすくめて帰りました。

翌日、快晴の日曜。目覚めたのは昼過ぎ。
こんなに良い天気なら早起きして遠出でもすればよかった、と思っても時既に遅し。
犬の散歩後、家にこもっているのが勿体無いので、無理矢理近所を家人と自転車でブラブラ。
ラーメンで腹ごしらえした後は、大型書店でしばし立ち読み。結局何も購入しませんでしたが、立ち並ぶ情報の中を嬉々として徘徊するのは至福の時間。気付けば外も暗くなっていました。

家に戻りダラダラ飲みながらテレビドラマを楽しんだ後、夜更けにラジオから流れ出すポリリズミックな音楽が何ともサイケデリックに部屋を満たします。
後から調べて知りましたが「ヘイエルダールの旅」と題されたその番組は、ポリネシア周辺にちなむ音楽を紹介していたようです。脳が痺れました。
番組のHPで放送されていた楽曲を調べてみた所、放送時には聞き逃していた1曲目に放送されたフランス人歌手ジャック・ブレルの晩年の作「ル・マルキーズ」が気になりYoutubeで聞いてみると、素晴らしくてグっときました。
D・ボウイなどを初めとして多くのミュージシャンがカバーしているジャック・ブレルですが今まであまり聞いていなかったのでコレを機会にちゃんと聞いてみようかな、と思う次第であります。


[PR]
by joenakamura | 2012-02-20 16:07 | 生活 | Comments(0)