J O E N A K A M U R A B L O G

ソースコード

昨夜は友人らを招いて家で飲み会。
しこたま痛飲して、今朝は久々の二日酔い。
貧血も起こして「こりゃ1日寝込むかな」と思ったが気合で起床。シャワーを浴びて復活。
しかし楽しい良い晩だった。


先日、デヴィッド・ボウイの息子、ゾウイことダンカン・ジョーンズの監督2作目「ミッション:8ミニッツ(原題:ソースコード)」をDVDで鑑賞。いやはやとても面白かった。
前作「月に囚われた男」も堅実で良心的なSF作品だったが、今作もハヤカワ文庫を思わせる良質なSF映画。
延々と繰り返される「8分間」の中で列車事故の犯人を探すという物語は、短い尺でテンポよく進み、矛盾もありそうな設定もさりげなく流し、最終的にはキチンと人間ドラマとして終わりをむかえる、非常に良く出来た作品で痺れさせてもらった。素晴らしい。ついていきます、ダンカン・ジョーンズ監督。

※「この結末が予想できない!」的な売り出し文句みたいですが、その辺はあんまり気にせず鑑賞したほうが面白いかと思います。



[PR]
by joenakamura | 2012-04-03 01:16 | 映画 | Comments(0)