J O E N A K A M U R A B L O G

toncoさん

先日の日曜、久しぶりに銀座へ。
有楽町駅からほど近い、シンガソングライターのノラオンナさんが毎週日曜だけ店主を務める地下の小さなバー「銀座のノラの物語」。(普段は「ときね」というバー)
毎回様々なシンガーが生音で演奏するこのほろ酔いの場、今回の出演はtoncoさん。
ガットギター一本で弾き語られる英国のトラッドフォークを思わせる曲の数々は、生活の中のファンタジーを綴った日本語詞と相まって独特な表情を見せてくれます。ギターも歌もとても素敵でした。
カバーしていたVUの「ファムファタール」とストーンズの「アズ・ティアーズ・ゴー・バイ」もぴたりとはまりtonco色に歌われていて少々嫉妬してしまいました。

f0105810_20342267.jpg


この「銀座のノラの物語」、チャージは5000円とちょっと高めなのですが、ハイボールが呑み放題+おつまみ3品、スナック菓子、〆の味噌汁付きというシステムなので呑み助の方には持って来いかと思います。
僕も9月2日(日)に歌わせてもらう事となりましたので、先の話ではありますがどうか宜しくお願いします。
メール予約も既に受け付けております。(10名様)せっかくなので僕からも何かご来場のオマケをつけようかと考えております。↓
「銀座のノラの物語」

この日は僕も何かカバーしようと思います。
[PR]
by joenakamura | 2012-06-21 20:35 | 音楽 | Comments(0)