J O E N A K A M U R A B L O G

Cool Hand Luke

DVDで1967年のアメリカ映画「暴力脱獄」を鑑賞。ポール・ニューマン主演。
映画評論家の町山氏がポール・ニューマン映画で選ぶならコレ!と絶賛していたので興味深く鑑賞。

軍隊で勲章を数多く得ながらも、最後には除隊させられた男、ルーク・ジャクソン(ポール・ニューマン)。ある晩、酔っ払いながらパーキングメーターを破損している所を逮捕され2年の懲役を受ける。
収監されたフロリダの刑務所は所長や看守によって支配されていた。ルークはその中で何時しか囚人達の中心的存在となっていくが、ある日彼に母親の死の知らせが届く。母親の葬儀のために脱走したくなるだろう、という口実の元ルークは反省房(懲罰のために作られた小さな小屋)に閉じ込めてしまう。その房から開放されたルークはそくざに脱走を試みる・・・・云々。

町山氏の解説をはじめ、ネットには至るところに今作の解説が転がっているので詳細はそちらにまかすとして、僕としてはこんな感想。
まずはポール・ニューマンの魅力っぷり。若かりしニューマンのニヒルな演技とその笑顔には魅了されてやまない。カッコよすぎる。
共演の巨漢でイヤミたらしい、でも根はいい奴という囚人、ドラグライン役のジョージ・ケネディの演技もアカデミー助演賞をとったのも納得の素晴らしさだ。
そして、ルーク=我々、刑務所=世の中、として「見えない規則やルールで取り締まられた世界(宗教)からの脱出」という、普遍的な「人間としての生き様」を訴えかける物語に、今見ても感銘を受けることが出来た。(隠喩が少々露骨であるところもあるけれど)
囚人達が所内でポーカーに興じている時、ルークは全く役の揃っていないカードを持っていながらも不適に笑いながら掛け金をつりあげ、あげくには皆ゲームを降りてしまい彼が勝利するシーンがある。
それを見たドラグラインは「何も持っていないのに勝ちやがった」と彼を讃え「クール・ハンド・ルーク」と呼ぶ。(これが映画の原題となっている)
「何も持っていない。けれど、やるしかないんだよ。」というルークの言動には誰もが共感と憧れを抱くに違くことでしょう。
全体、特に前半のテンポが悪く、のめり込み辛いのは些か残念ではあったけれど、同時期にムーブメントとなったアメリカンニューシネマの中の名作の1つとして数えられる1本かと思います。

「スティング」や「ハスラー」(もしくはドレッシングの人)だけでしかポール・ニューマンを知らない人は是非。

しかし何で「暴力脱獄」なんて邦題なんだろうか…


町山氏の解説はこちら(ニコニコ動画)


予告

[PR]
by joenakamura | 2012-07-11 15:19 | 映画 | Comments(0)