J O E N A K A M U R A B L O G

アリス・クリードの失踪

最近DVDなどで観た映画の感想2。

「アリス・クリードの失踪」2009年 イギリス(日本公開は2011年)

ホラー映画「ディセント2」で脚本を手掛けたJ・ブレイクソンの長編デビュー作。
良い評判を聞いていたので楽しみにしていたが、なるほど面白い。
低予算で3人しか登場人物が出ない限られた展開ながら、ダニー・ボイルの「シャロウ・グレイブ」、コーエン兄弟の初期作(彼らの「ミラーズ・クロッシング」そっくりの場面が出てくる)、ウォシャウスキー兄弟の「バウンド」なんかを思わせる、ウィットにとんだ犯罪サスペンス映画として演者も達者で飽きずに楽しめた。
2人組が身代金目当てにある女性を誘拐監禁するのだが、その3人の愛憎入り混じる感はクライムムービーというよりは実はラブストリーなのかも、とちょっと思ったり。
犯人が周到に犯罪の準備をする冒頭の10分は、とてもスタイリッシュで無駄が無く、映画の導入部としては秀逸。かなり気に入りました。
勿論「おいおいそりゃないだろ」的に突っ込める所はあるのですがが、それを持っても充分楽しめます。
イギリス訛りやクライムムービー好きな方は是非。
きっとこの監督、これから評判になると思います。(次作でコケなきゃね・・)




次回ライブは9月2日。要予約です。土曜日まで受け付けます。
宜しくお願いします。ticket@joenakamura.com

---------------------------------------
9月2日(日) at「銀座のノラの物語」
(カウンターバー「ときね」)
中央区銀座6-2-6 ウエストビルB2

<タイムテーブル>
17時 オープン
17時半~18時半 弾き語り生歌コンサート(10名様限定。要予約)
18時半~21時半バータイム

◉料金 5000円<以下内訳>
音楽チャージ
おつまみ3品
スナック菓子3品
〆の一品(味噌汁、おかゆ、麺など)
ハイボール飲み放題
---------------------------------------
[PR]
by joenakamura | 2012-08-30 21:23 | 映画 | Comments(0)