J O E N A K A M U R A B L O G

インスタグラム

今年の春ごろ電話をiphoneへ機種変したのだけれど、今ではコレ無しで暮らせないほど依存するようになってしまった。
特にマップ機能は自転車で遠出する時や、地方の知らない街では大変に便利。
しかしながら、あまりに優秀にナビしてくれるので知らない道に潜り込む事が減ってしまってつまらないので、あえて途中で道に迷うよう心掛けている。(急いでる時は別ね)でないと知らない変な道とか店とかに出会えないもので。

その「道に迷う」という事も関係してくるのだが、iphoneにしてから画像共有ソフト「Instagram」というものを使うようになり、写真を撮る事にまるで縁のなかった自分がすっかりハマってしまった次第。毎日1枚写真をアップするのがここ最近の日課となっている。フィルター機能で素人でも綺麗に写真が撮れるこのソフト、いやはや画期的である。

自分は生業への通勤の途中で見る何でもない景色の中でピンと来たものをピックアップして撮影する事が主なのだけれど、毎日自転車に乗りながら「なんか無いかな~」と目を凝らしていると、今まで見過ごしていた面白いモノが街に溢れている事に気づく。
ちょっとした落書きや寂れたアパートの壁。錆びついたドアや高架下の風景等々・・・実に興味深い。自分が今までどれだけ街中を良く観ていなかったかが良く分かる。
時に面白い風景に出会いたいがために、普段と違う道を通ったりもする。切り取り方次第で道路のアスファルトですら趣が出てくる。見る視点を変える事でこれほど世界は変わるのかと(ちょっと大げさではありますが)驚かされる。

そしてもう一つ面白いのは、撮りためた写真の一覧を見る事で自分の嗜好が客観的に良く分かる事。「ああ、自分はこういった構図や色合いが好きなのだな」とこれまたとても興味深い。写真って面白いのだね。

f0105810_20595812.jpg


f0105810_2059512.jpg


f0105810_20593719.jpg


f0105810_20591989.jpg


f0105810_20592989.jpg



インスタグラムはjoe1029でやってます。
[PR]
by joenakamura | 2012-09-28 21:00 | 生活 | Comments(0)