J O E N A K A M U R A B L O G

ショットガンランナーズ

先月あたりから胃腸の調子が悪かったので意を決して胃カメラ検診に行ってきた。
今までの不摂生を考えれば悪い結果が出るのも仕方ないかとオドオドしていたのだが、慢性的な胃炎や、ちょっとした良性のポリープはあれど大きな疾患はなくホッと胸を撫で下ろす。
調子に乗ってその晩は近所の居酒屋で美味い肉とビールをたらふく食す。こういう事が胃炎の原因なのだろうが嬉しかったのでどうか許して頂きたい。

今夜はショットガンランナーズのニューアルバムリリース記念ライブを見るため新宿のレッドクロスへ足を運ぶ。久々のレッドクロスに懐かしさと不思議な感覚で胸がいっぱいになる。ライブは共演のニートビーツも素敵な演奏で、開演から終演まで終始楽しい時間を過ごせた。

R&Bをヘヴィにプレイすることに定評のあるショットガンランナーズが作った最新作は、一つのテーマに基づいたコンセプチュアルな作品。今までのロックンロール感とは一味違った楽曲たちを誠実に再現する演奏は、とても誠実でキラキラとしていて美しく素敵だった。かっこよかった。
こういう演奏を見ると俺も頑張らなきゃと否応なしに思う。歌詞を書こう。
[PR]
by joenakamura | 2013-06-09 01:15 | 音楽 | Comments(0)