J O E N A K A M U R A B L O G

STONE THE CROWS

最近DJをやらせてもらう機会がある。
技術があるわけではないのでただ選曲をするだけだが、好きな曲を大きな音で聴けるのは大変楽しい。

先日、近頃滅多に針を落としてないブルースロックで選曲がしたくなり、棚を探り取り出したのが「ストーン・ザ・クロウズ」のサード。「英国のジャニス」 と言われた女性ボーカリスト、マギー・ベルを配し70年前後に活動したが、ギタリスト、レスリィ・ハーヴェイ(Sensational Alex Harvey Bandのアレックス・ハーヴェイの弟)がステージで感電死してしまうという不遇な末路を辿ったグラスゴーのバンド。
バンド名の「クロウ」にかけて描かれたと思われるジャケットのカラスのイラストがとても好きで、ジャケ見開きの飛び立つ絵(写真下)がこれまたとても良い。誰が描いたか知りたかったが調べてもわからなかった。
収録曲では1曲目の「Big Jim Salter」がかっこいい。ボブ・ディランのカバーもやっている。

f0105810_11143611.jpg


f0105810_11143973.jpg


ストーン・ザ・クロウというのはスラングで「ビックリした!」等の意味だそう。
さしずめ真心ブラザーズ桜井氏のやっているバンド「びっくりしたな、もう」みたいな感じなのか。

--------------------

明日はソロライブです。

2/6(土) 渋谷ワインバー カボット
出演: 中村ジョー / The Jailbyrds / 棚木竜介
18:30/19:00 2000円(1D込)
http://cabotterecords.tumblr.com/

ぜひ。
[PR]
by joenakamura | 2016-02-05 11:18 | 音楽 | Comments(0)