J O E N A K A M U R A B L O G

自由

休日で天気がよい昼間は、大抵自転車で散歩にでかける。
移動距離はだいたい7キロ圏内。(一度調子に乗って片道20キロ程遠くへ出かけた事があったがお尻が痛くなってさすがに懲りた。)
散歩は、まず何処かでランチをとり(カレーが多い)、あとは知らない街や路地をタラタラと周り、疲れたら複合施設を物色し、そして本屋で立ち読みをする。お金もあまりかからない良い遊びで、こんな散歩を数年続けてる。

昨日も蒲田でカレーを食べた後に、某所に改装オープンしたイ〇ングループのスーパーに寄る。
1階は普通のスーパーながら上階は本や雑貨も扱っていて、大概〇〇ヤ書店的ではあるのだが暇つぶしには丁度良い。しかしどこもかしこも〇〇ヤ書店風、カフェはチョークアートの看板というのは聊か食傷気味ではある。

そのスーパーの本を扱うコーナーには机と椅子が設置されていて、購入せずとも本を手に取り読むことができるのだが、ポツンと一人座る制服姿の女学生が明らかに自宅から持ってきたと思われる文庫本を読みながら食事をしていた。学校用バックを膝に乗せ、その中にスーパーで買ったと思われる袋詰めのカット生野菜的なものの口を開けて入れ、そこから器用に箸でつまんで食べていた。ついついチラチラと見てしまったが、そんな視線にも動じずモクモクと食事をし読書にいそしんでいた。自由である。

f0105810_1212243.jpg


しばらく他のコーナーを回り、また読書スペースに戻ると、今度は手作りの大きなお握りを食べていた。
自由である。
[PR]
by joenakamura | 2016-02-08 12:04 | 生活 | Comments(0)