J O E N A K A M U R A B L O G

汐見台BEACH

昨夜は学友おがわまさひろ君の展示を見に代々木の金魚カフェへ。
壁一面に貼られた新旧の作品は圧倒的。おがわ君独特のタッチを引き継ぎながらブラッシュアップされた新しい作品がとてもカッコイイ。最近手がけたという「THE LET'S GO's」のジャケットもおがわ君ワールド全開で最高だった。
f0105810_10434039.jpg


90年初頭ハッピーズが新宿ジャムで活動を始めた頃から、おがわ君のイラスト・デザインは、当時のシーンを彩ってくれた。
僕らの企画「エレクトリックパブ」で販売したTシャツのデザインや、渋谷DJバーで開催のイベント「自由に歩いて愛して」のフライヤー、彼自身のバンド「vox wah wah pedal(後のEVIL HOO DOO)」のアートワーク、ワックワックリズムバンドのカバーイラスト等々。振り返れば、それらは音楽以上に当時のイメージを鮮明に思い出させてくれる訳で。アートのチカラは凄い。

懐かしんで、当時の雑誌「BARFOUT」に載った2ショットをパシャリ。
(上がライブをする豹柄シャツの私、下がまだ長髪時代のおがわ君)
f0105810_1033248.jpg


おがわまさひろ東京初個展「潮見台BEACH」の開催は12日(金)まで。

また開催場所の金魚カフェは2月27日で閉店するそう。
自分も3年前の9月にインスタグラム写真展をやらせて頂いたのが懐かしい。
お世話になりました。無くなってから嘆くより足を運べる方は是非。
[PR]
by joenakamura | 2016-02-09 10:40 | アート・デザイン | Comments(0)