J O E N A K A M U R A B L O G

Blue Box制作小話(5)最終回

2006年4月発売の私のソロ1作目「Blue Box」の制作小話 その5(最終回)。
その1はこちら
その2はこちら
その3はこちら
その4はこちら


全11曲のアルバム「Blue Box」ですが、簡単な曲解説をもって小話を終わりたいと思います。


1.Blue Box
その1で書いたようにプリプロテイクをOKとしたタイトル曲。
元は宅録で作ったうちの一つでアルバム内で3番目に古い。
コレまでほとんど使っていないメジャーセンブスを使ったメロウなムードの曲を書いてみようと思い作ったもの。
2番の歌詞は映画「ロストハイウェイ」のオープニングのイメージ。


2.幽霊列車
1曲目「Blue Box」と同じくプリプロテイクをOKとした曲。
JOEYのアルバム「VOID」に収録の「骸骨自動車」の続編として考えた。
タイトルはハッピーズ後期の未発表自作曲「幽霊の森」という曲からインスパイアされた。


3.夜の雫
自分的に例の無い、メロウなシティポップ調で当時珍しく恋愛をテーマにして書いたもの。こちらもメジャーセンブスを使って書いてみたかった1曲。


4.スターダスター
7曲目の「ハードコア」10曲目の「サニーノバ」と同じく、スキャットをサビにしようと考えた1曲。在るのだか無いのだが分からない事を考えながらも哀しく星空を見ているようなイメージ。タイトルは映画「星くず兄弟の伝説」からもじった「星くず野郎」の意味。


5.ナイトライド
東高円寺U.F.O.クラブのオムニバス「VA / U.F.O.CLUB TOKYO JAPAN vol.3」に提供する為に書いた1曲。オムニバスではカセットMTRで深夜U.F.O.クラブにて西君と2人で録音したローファイなもの(ドラムも自分)だったが、それに比べるとポップになっている。タイトルは米国TVドラマ「ナイトライダー」から。


6.からっぽの青春
もともと2003年位には出来ていた最も古い曲で、ローズレコードのオムニバス「私たちの音楽 vol.1」にて録音。これはアコギとパーカションのみだったが本作ではバンドアレンジ。
上京した学生が空虚な青春を過ごすお話。これの続編がセカンド「SWEET HEAT」収録の「スカム」。


7.ハードコア
ぼんやりした物事の中、正解はわからないけど、きっと見えない確固たる「硬い核=ハードコア」があるのだろうという歌。60年代ポップス風にしたかった。左右のパンが途中で入れ替わるのはミックスした曽我部君のアイデア。


8.ワイルドローズ
ローズレコードの事務所で曽我部君に「渋谷を薔薇で満たすような曲を作ってよ」(多分)と言われて書いてみたフリーソウルテイストの曲。「真っ赤な羽根に世界中の地図と黄金の瞳を瞬かせたハチドリ」という一節は自分的会心の一行。


9.SLOW OUT
「SLOW OUT」とは当時ダンスシーン流行っていた「チルアウト」というジャンルのネーミングから思いついた造語。ゆっくりと出て行くといった意味。
当時好きになりはじめたスロウコアに歌謡曲をプラスしたような曲を作りたくて書いたもの。


10.サニーノバ
ソロ活動をはじめようして最初に作った曲(元々は宅録。根つめて作ったデモだったので愛着がある)。
歌詞は元々適当な英詩で作っていて、始まりの「サニーノバ」だけ残して、それにあわせ作成した。


11.KOKORO
JOEYのアルバム「VOID」収録の「右へ曲がるカーブ」のような長めの物語調の曲を書こうと思い作ったもの。作成時はもうひとつメロディがあったが割愛した。
歌詞に登場する片目の猫は、あくまで想像上のものだったが、後日隣の公園に片目の猫が住み着いてる事を知って驚愕した。






しかし、こうして改めて聞くとなんとスキャットの多いアルバムよ・・・

Blue Box制作小話、ご愛読ありがとうざいました。
では5/29にお会いしましょう。


-----------------------------------

中村ジョー1stソロアルバム「Blue Box」リリース10周年記念ライブ

5月29日(日)at 下北沢lete
Open 14:00 / Start 14:30 ※午後の開催です!
Charge 予約 \2,000 + drink / 当日 \2,300 + drink

ご予約は以下から(定員がありますのでご予約おすすめします)
http://www.l-ete.jp/live/1605.html#d29



f0105810_16492785.jpg

[PR]
by joenakamura | 2016-05-27 16:57 | 「Blue Box」制作小話 | Comments(0)