J O E N A K A M U R A B L O G

6.29UFO

UFOクラブでのライブ。
そこUFOで働く田代君率いるTHISBOXの企画。
THISBOXはまだまだ成長過程のバンドだと思うけど(悪い意味でなく)
田代君の繊細な声に導かれるサウンドがすごく涼しげで、気持ちがいい。
かっこいい、というか折れそうなその細さが愛らしい。たとえビッグマフを踏んでいても。

で、僕らは中村ジョーセッションズとしての初の編成。
もともとは中村ジョートリオでの演奏予定だったが、西君の都合がつかず、
急遽、敬愛するLAKEの2人に参加してもらう事となった。
LAKEのEG長久保君、フルートの岩下さんとは以前にも何度か合わせたことがあるのだけど
ベースレスのこの編成は初めて。
リハも1回しか行わず、(岩下さんは不参加)4人揃うのはステージの上が初!
というにもかかわらず、あまり心配していなかった。
こなれていないサウンドというのは凄く張り詰めていて個人的にも緊張感があって
好きだし、このメンツなら、まずいい演奏ができるだろう、と漠然とした感覚があったからだ。
(それはグループ編成のとき、いつも思うことだ。)

中村ジョートリオの時の、狂った感覚は影を潜めながらも、
自分の曲を、銘々が演奏している様は、とても愛しく、いつもは深く重い北山さんの
ドラムのビートも、波のようなゆるやかさがあった気がする。

座って聞いていたお客さんを前に、淡々とした演奏されたサウンドは、さながら
水平線に揺らぐ陽炎のような感じがした。

最後の「BLUE BOX」を終え、あっという間に持ち時間が終わる。
(それでも少し時間オーバーしてしまったようだ。申し訳ない)

訥々としたいい時間だった。感謝。
[PR]
by joenakamura | 2006-06-30 03:46 | 音楽 | Comments(0)