J O E N A K A M U R A B L O G

ライブ記録(17.06.24&25)

土曜、梅雨の最中だが運よく雨雲がよけてくれたので自転車で渋谷へ。喫茶スマイルで恒例の「負け犬ナイト」。
いつも通りのマンガDJと、ケンティ&アンダードッグスに少しゲスト参加。
ウォッカコリンズの「サンズ・オブ・タイム」の2番とムッシュの「のんびりいくさ」を歌う。どっちの曲も最高だ。
マンガDJでは最近買ったものを中心に選曲。
「アタッカーYou!」の主題歌「青春プレリュード」がメロウ歌謡でカッコイイ。





明けて日曜日、午前中で運よく雨も止んでくれて、午後から吉祥寺へ出かける。
ワカ(若林タケシ)と2人でリハスタで阿佐ヶ谷ハッピーズの練習した後、イチベーへ。今夜は17年ぶり開催の「自由に歩いて愛して」に出演だ。
どんな風になるか不安な中イベントはスタート。ビックリするくらい大勢の人が集まって大賑わい。カオスだけどピースフル。
夏音さん、フミくんのDJのあと生演奏トップは僕ら。

<阿佐ヶ谷ハッピーズ セット>
・傷だらけの恋
真っ赤な花びら
・スカっとさわやか
・オートマチックパイロット(ウォッカコリンズのカバー)
・キャンプファイヤー
・ZEN ZENブルース(with 渚ようこ<中山千夏のカバー> ※ワカお休み)
・ハードフォークブルース
・女心と秋の空

その後、やっさんのDJを経て夏音さん、フミくん、八重樫さんでトークショー「和モノ千夜一夜」からの八重樫さんDJ。
ようこちゃんのカラオケでのエキサイトな歌唱が続き、吉田哲人さんのDJ。そして曽我部くんの弾き語り(ようこちゃんとムッシュの「20才の頃」のデュエットあり)。

そしてそのまま演奏トリのフォークチャンピオンズ。曽我部、僕、ワカの三人組フォークユニット。
そもそも、このユニット、96年頃3人で飲み明かしたあと曽我部家へなだれ込み、酔った勢いでMTRで録音した曲「もうすぐ夏です」がきっかけ。(その曲は雑誌「Bar-f-Out」の懸賞でEPになる)酔った勢いなので勿論ライブも何もせずその1曲で自然消滅したんだけどれど、今回メンバーが揃った為、まさかの初&ラスト?ライブと相成った次第。

1曲目はドラマ「傷だらけの天使」最終回で流れたゴールデンカップスのボーカル、デイヴ平尾氏が歌う「ひとり」をカバー、メインボーカルはワカ(2番は僕)、2曲目はPYGの「花・太陽・雨」を曽我部&僕ボーカルで。奇しくもどちらの曲も作詞 岸辺岸部一徳、作曲 井上堯之だった。
そして最後は唯一のオリジナル曲「もうすぐ夏です」を2017バージョンで。
お客さんたちが座りながらニコニコしながら(苦笑かもしれないけどw)ライブを観てる図は、90年代当時のカッコつけてた感じとは違って何だか暖かくて良かった。

懐かしい面々にも沢山あえて、当時の感覚も勿論あったのだけど、回顧だけでない2017年ナウなイベント感があったのは本当に良かった。
次回やる機会がもしあったら、若手ピチピチの演者にも参加したらいいだろうなと思いつつ、、、、

もうすぐ夏です。夏なんです。

f0105810_13303344.jpg
フォーク・チャンピオンズ


次回ライブはイーストウッズで7/16に新宿レッドクロスです!



[PR]
by joenakamura | 2017-06-27 13:31 | 音楽 | Comments(0)