J O E N A K A M U R A B L O G

TRAIN

最近雨模様なので、久々に電車によく乗った。
ココ最近は都内を移動するときは、ほとんどが自転車だったのである。

前にも日記か何かで書いたかもしれないけれど、
電車に乗っていると、ふいに恐ろしくなることがある。
同じ車両、いや乗っている電車すべての人間が、なんらかを頭に思い描いているかと
想像すると、背筋がぞわっとするのである。
もしも、その頭の中の空想が目に見えたり、耳で聞こえたりしたら
どんな図になるのか、そんなことを車内で想像すると、
その重みで頭がおかしくなりそうな感じになる。
(ライブ会場とかであれば、ある程度集まっている人間の目的がわかるから
 そうでもないのだが、この場合乗り合わせている人間同士の接点は希薄なので
 目的が想像仕切れないところがまた恐ろしい)

とはいうもの、そういった事を妄想するのは面白くもある。
色んな人を眺め、服装や仕草をみて「この人はこんな世界にに生きているのかなぁ」とか
思い巡らすのは、ちょっとした探偵気分にもなれるからだ。
しかしながら、本当に全くイメージがわかない人に出会ったりするときもある。
(あくまで自分の主観としてだけれど)
空虚・からっぽ・VOID。。。。。
そんな時は本当に恐ろしくなる。もしかしたら自分もVOIDかもしれないなぁ。
[PR]
by joenakamura | 2006-09-14 22:28 | 生活 | Comments(0)