J O E N A K A M U R A B L O G

YOYOGI

昨日は昼間仕事の打ち合わせで代々木に行く。

代々木は何だか思い出深い場所だ。
大学受験用の予備校生が闊歩する街。
かれこれ16年前くらい、僕もその中のひとりであった。
美大受験のためにちょうど、代々木と新宿の間の学校に毎日通っていた。

予備校生の最中、結成された阿佐ヶ谷ハッピーズ、
練習はいつも代々木のスタジオ。
予備校を出た後も、そのまま週2回ほど、そのスタジオで練習するのが常であった。

駅の側には、ドラマ「傷だらけの天使」の探偵事務所の撮影に使われた
古びたビルがあって、何だかショーケンが近くにいるようで嬉しかった。
(そのビルの1階あたりはなんとも猥雑な飲み屋などがまだ残っていた)

そんなことを思いながら街を歩く。
不思議とその頃とあまり変わらない印象の代々木の風景。
記憶と現実が、いい塩梅に交錯して道路を駆け抜けていく。

練習後はバンドメンバーと公園でビールを飲んだり
こじんまりとした居酒屋へいつも足を運んだ。
あの居酒屋はもうない。
あそこにいた優しいマスターや常連客の皆はどうしてるのかな、
と、ふと思い出す。
[PR]
by joenakamura | 2006-09-22 14:40 | 生活 | Comments(0)