J O E N A K A M U R A B L O G

生活の狭間にダリが

昨夜は深夜から19日のCITY COUNTRY CITYでのライブの為のリハーサル。
イン西荻窪。
混沌としたブレイクビーツとサンプリングの上、アコギで歌う。
洗練されていない、ささくれだった音の中歌うのは気持ちがいい。
現実と妄想が行きかう中、何かしらドーパミンが溶け出していく。

リハの前は上野にダリ回顧展を見に行ったが、あまりの人の多さに
全く集中して見る事が出来なかった。
小学生の頃からダリ好きだった僕はかなり楽しみにしていたのだが
ちょっと消化不良な気分。
人ごみの隙間からみたダリの絵は、それでもとても素晴らしかったが
もう一度平日昼間にでも行ってじっくり鑑賞したいものだ。

展覧会を見た後、ミュージアムショップで関連グッズを眺めていたら
あまりに商売臭くて、ちょっと醒めてしまった。
そのあと、アメ横を散策したが、やはり人が多くて辟易してしまった。
そそくさとアメ横を後にして一度帰宅。
犬たちが飛び跳ねて喜ぶ。
寒い最中は、家で犬と戯れるのが至福のときである。

写真は隣の公園。11月の木々の風景。

f0105810_5571383.jpg

[PR]
by joenakamura | 2006-12-03 05:57 | 生活 | Comments(0)