J O E N A K A M U R A B L O G

5月後半の匂い

雨が降ったり、風が吹いたり、荒れ模様の天気だったと思ったら
急に日差しが差し込んできたり。
5月も終わりに差し掛かって、こんな不安定な東京の天気。
でもこの時期にしかない、夏でも春でもないような匂いがして
なかなか風情があって嫌いじゃない。
心の中をあっちやこっちに揺さぶってくれるようでもある。

午後に濡れた公園を犬と散歩。
雨の残骸を踏まぬよう、コンクリートの道を選んで歩く。
いつもと散歩のコースを少し変えただけで、なんとなく景色も変わって見える。

夜、自販機でいつもの煙草マイルドセブンを買おうとしたら
何故かコインを飲み込んでくれず、
仕方なく隣の自販機にあったPAIL MALLを買った。
たしかルパン3世の次元大介が愛用の煙草だったはずだ。
次元みたいに、くちゃくちゃにポケットに押し込んでみたいけれど
BOXだったのでちょっと無理だ。
残念。
[PR]
by joenakamura | 2007-05-19 23:59 | 生活 | Comments(0)