J O E N A K A M U R A B L O G

GarageBand

MACに付属しているソフト「GarageBand」で
セカンドアルバムのデモの作成をちまちまと始めた。
フリーなのになかなか使えるソフトだ。
とくに締め切りのない作業だから、
気が向いたときにドラムパートを組んだりギターを弾いたりしている。


曲はあらかた出来ているから、漠然と頭の中で鳴っているアレンジを
まとめるといった自分へのメモのような作業なのだが、
「あ、このフレーズもいい」「いやここはこう変えたら。。」とか思って
録音しては差し替えの繰り返し。
おかげでまだ1曲目の途中である。先が思いやられる。

こういった作業の末、たいてい残るのは
いたってシンプルなものであるのは経験上十分承知してるのだが、
ぐだぐだとした試行錯誤を経た上でないと
なかなか納得できないものなのである。

油絵なんかを描いていて、一生懸命書き殴り続け、
仕舞いには、ブルー一色になってしまった。みたいな感じかな。
ちょっと違うか笑

ともあれ草臥れるけれど楽しい作業だ。

今日はデビッド・ボウイの「ヤング・アメリカンズ」を聞いた。
独特の”プラスティックソウル”サウンドは、乾いていてかっこいい。
[PR]
by joenakamura | 2007-08-26 22:36 | 音楽 | Comments(0)