J O E N A K A M U R A B L O G

ライター

家の中を漁っていたら古いZippoライターが出てきた。
普段は100円ライターしか使わない自分なのだが
(たいてい酔った勢いでライターを飲み屋に忘れてしまうで
 高価なライターを持ち歩くのはご法度なのだ)
アールデコ柄のもので、とてもカッコイイので使ってみようと思い立ち
オイルと石を買ってきて早速石を取り換えようと思ったが
ずっと入っていた石が、中で溶けてしまいくっついてしまい
石が交換する事が出来ない状態であった。
細い棒でつついてみたが取れる気配はなく、仕方なくあきらめるが
たまたま以前洋服屋で貰ったIMCOのオイルライターがあったので
それにオイルを入れて使えるようにしてみた。
火をつけるとオイルライター特有の匂いがする。大人の匂いである。

さて、Zippoのほうも諦めきれないのでネットで修理について検索してみると
ZIPPO社は郵送で送れば永久に無料で修理をしてくれるそうだ。
早速今度送ってみよう。しかし凄いサービスだ。

こういった喫煙具は、この禁煙のご時世でいつしか消えていってしまうのだろうか。
いや、それともアナログレコードのように愛好家に支えられ生き続けるのだろうか。
[PR]
by joenakamura | 2008-05-10 02:41 | 生活 | Comments(0)