J O E N A K A M U R A B L O G

土曜日曜

土曜、日曜と雨模様の東京。
両日とも高円寺にライブを見に行って来た。

土曜は馴染みのUFOクラブ。
出演はレモンちゃんに元シャルネ、キャノン君のCrimson Plaques、
エルナ・フェラガ~モさん、そしてWack Wack Rhythm Band。
会場には知り合いがたくさんいて、
ライブも階段下の飲みながらのトークもとても楽しい。
WackWackは音のバランスもとても良く
生音でダンスナンバーを演奏する、
当り前の音楽の醍醐味を再確認させてくれる無条件に楽しいステージだった。

翌日はペンギンハウスにS.L.L主催のイベントに足を運ぶ。
出演はS.L.L.、キキミミズ、アベミキ、三村京子、豊田道倫の5組。
それぞれの音楽をそれぞれが演奏していて時間もあっという間に過ぎていく。
終演後、豊田さんと初めて話をした。
豊田さんとは家も近所で何となく親しみを感じていたので嬉しかった。
ペンギンハウスで軽く打ち上げに参加し家に戻る。

飲みながらビデオで伊丹十三監督の「タンポポ」を見る。
もう何度となく見ているこの映画だが、やはり面白かった。
ラーメン店を復興させようとする話を軸に
細かな「食」にまつわるエピソードが繰り広げられる。
伊丹映画ならではの豪華キャストの演技もいい。
井川比佐志さん演じる夫が医者、子供たちが見守る中
臨終間近の妻に、息が絶えないように
「死ぬな!何か考えろ!そうだ!飯を作れ!」と絶叫すると
彼女はムクっと立ち上がり、チャーハンを作り
皆がチャーハンを食べだすと、途端に死んでしまう、といエピソードが好きだ。
そして子供が号泣する中、
「泣くな!かぁちゃんが最後に作った飯だぞ!食え!」と叫ぶのだ。


しかしライブを見ていると、自分もムラムラと演奏したくなってくる。
素晴らしい演奏があったりすると嫉妬して堪らなくなってしまう。
やはり俺はライブが好きなのだなぁと思った。
[PR]
by joenakamura | 2008-05-26 18:20 | 生活 | Comments(0)