J O E N A K A M U R A B L O G

2017年 10月 05日 ( 1 )

ライブ記録(17.10.01)

10月である。今年も残すところ後3カ月。
夏の名残りを纏った9月の匂いが香る10月1日、ケンティ君率いる「ポンティアック・パン」のゲストVoとして高円寺のShowBoatでのライブに参加、実に楽しい晩となった。

ShowBoatで演奏するのは昨年の8月終わりににイーストウッズで出演して以来だ。その時の共演はニーネとはいからさん。
その日はちょうど高円寺が阿波踊りで沸き立っている日で、ドラムのゆう子さんが人波に押されなかなか会場に辿りつけず、本番15分前ににようやく到着、冷や冷やしたのを思い出す。

さて、今回のポンティアック・パン、ウォッカコリンズのカバーとケンティオリジナル曲を合わせたセットリスト。
僕は、昔ファイルレコードでリリースされたT-REXトリビュート盤「X-REX」でハッピーズでカバーした「20センチュリーボーイ」とムッシュかまやつ氏の「のんびりいくさ」の2曲をメインボーカルで、そして最後に演奏のウォッカ・コリンズ「サンズ・オブ・タイム」ではケンティと一緒に歌わせてもらった。
スマイルで月一開催のラウンジDJイベントでいつも一緒のカミちゃん、ノギー、上妻君がメンバーの「ポンティアック・パン」、知った顔で和やかでいながらブギーでグラマラスな演奏で良かったと思う。ケンティの歌も、びっくりするくらい上手くなっていてイカしていた。
f0105810_22271644.jpg
写真は遊びにきてくれた野戸君のをリポストしたケンティ君から拝借。

そして次に登場のヤング・パリジャン。そしてトリのオレンジズ。
片やグリッター、片やバブルガム、と言い切るのはおこがましいが、とにかく好きなサウンドを追及するバンドの素晴らしいステージ。感服そして感動の嵐。
オレンジズのラスト曲はベイシティローラーズの「サタデイナイト」のカバー。
ゲストVoで僕とヤング・パリジャンのツネさん、ギターでケンティが参加、これまた最高のフィナーレ。
終演後の飲みもとても楽しく良い晩はあっという間に更けていった次第。
元来、T-REXに心酔し、ハッピーズのインディーズ時代の後期は「メタルグルー」をカバーしたり、グラム歌謡なオリジナルも歌っていた自分。グラムな心が痺れる素敵な夜となりました。また、こういった機会があるといいな。

最後に蛇足に録音する事のなかったハッピーズのグラム歌謡曲「エレクトリック・カウボーイ」をどうぞ。




[PR]
by joenakamura | 2017-10-05 22:36 | 音楽 | Comments(0)