J O E N A K A M U R A B L O G

ライブ記録(17.06.24&25)

土曜、梅雨の最中だが運よく雨雲がよけてくれたので自転車で渋谷へ。喫茶スマイルで恒例の「負け犬ナイト」。
いつも通りのマンガDJと、ケンティ&アンダードッグスに少しゲスト参加。
ウォッカコリンズの「サンズ・オブ・タイム」の2番とムッシュの「のんびりいくさ」を歌う。どっちの曲も最高だ。
マンガDJでは最近買ったものを中心に選曲。
「アタッカーYou!」の主題歌「青春プレリュード」がメロウ歌謡でカッコイイ。





明けて日曜日、午前中で運よく雨も止んでくれて、午後から吉祥寺へ出かける。
ワカ(若林タケシ)と2人でリハスタで阿佐ヶ谷ハッピーズの練習した後、イチベーへ。今夜は17年ぶり開催の「自由に歩いて愛して」に出演だ。
どんな風になるか不安な中イベントはスタート。ビックリするくらい大勢の人が集まって大賑わい。カオスだけどピースフル。
夏音さん、フミくんのDJのあと生演奏トップは僕ら。

<阿佐ヶ谷ハッピーズ セット>
・傷だらけの恋
真っ赤な花びら
・スカっとさわやか
・オートマチックパイロット(ウォッカコリンズのカバー)
・キャンプファイヤー
・ZEN ZENブルース(with 渚ようこ<中山千夏のカバー> ※ワカお休み)
・ハードフォークブルース
・女心と秋の空

その後、やっさんのDJを経て夏音さん、フミくん、八重樫さんでトークショー「和モノ千夜一夜」からの八重樫さんDJ。
ようこちゃんのカラオケでのエキサイトな歌唱が続き、吉田哲人さんのDJ。そして曽我部くんの弾き語り(ようこちゃんとムッシュの「20才の頃」のデュエットあり)。

そしてそのまま演奏トリのフォークチャンピオンズ。曽我部、僕、ワカの三人組フォークユニット。
そもそも、このユニット、96年頃3人で飲み明かしたあと曽我部家へなだれ込み、酔った勢いでMTRで録音した曲「もうすぐ夏です」がきっかけ。(その曲は雑誌「Bar-f-Out」の懸賞でEPになる)酔った勢いなので勿論ライブも何もせずその1曲で自然消滅したんだけどれど、今回メンバーが揃った為、まさかの初&ラスト?ライブと相成った次第。

1曲目はドラマ「傷だらけの天使」最終回で流れたゴールデンカップスのボーカル、デイヴ平尾氏が歌う「ひとり」をカバー、メインボーカルはワカ(2番は僕)、2曲目はPYGの「花・太陽・雨」を曽我部&僕ボーカルで。奇しくもどちらの曲も作詞 岸辺岸部一徳、作曲 井上堯之だった。
そして最後は唯一のオリジナル曲「もうすぐ夏です」を2017バージョンで。
お客さんたちが座りながらニコニコしながら(苦笑かもしれないけどw)ライブを観てる図は、90年代当時のカッコつけてた感じとは違って何だか暖かくて良かった。

懐かしい面々にも沢山あえて、当時の感覚も勿論あったのだけど、回顧だけでない2017年ナウなイベント感があったのは本当に良かった。
次回やる機会がもしあったら、若手ピチピチの演者にも参加したらいいだろうなと思いつつ、、、、

もうすぐ夏です。夏なんです。

f0105810_13303344.jpg
フォーク・チャンピオンズ


次回ライブはイーストウッズで7/16に新宿レッドクロスです!



[PR]
# by joenakamura | 2017-06-27 13:31 | 音楽 | Comments(0)

ライブ記録(17.06.10)

6月。
梅雨入りしたという割には好天な東京。
勢いで買い換えた自転車用のグローブと鍵を探しに下馬のサイクルショップへ。
好みのものが見つからなかったので、そのまま家人と自転車でブラブラした後、近くのタイ料理店でランチ。
このお店、雑居ビルの1室でタイ人の女の人一人で切り盛りしているが、彼女、かわいらしく料理も丁寧で美味く、食べ終わった後シアワセな気分になる。自分内ベスト・オブ・タイ料理。いいよね、こういう店。

家にもどり、ライブの準備をして16時頃家を出る。今夜は西荻窪クラップクラップで投げ銭弾き語り。
会場入り時間まで余裕があったので、吉祥寺の「YOUNG SOUL REBELS」のフリーイベントを覗き見。楽しそうなイベントでもっと居たかったが後ろ髪ひかれながら場所を後にし西荻窪へ移動。

京都のタカダスマイル君と高橋コージ&ハラ☆タカシの3マン投げ銭ライブ。
良いイベントが重なっていた土曜だったので、あんまり人も来ないかなと心配だったが友達が多く来てくれて嬉しかった。ありがたし。
やる曲を決めずにゆるゆるとした演奏でしたが、実はキモチは必死でしたよ。大分下らないMC大目でしたが、まぁタマにはね。
終演後はたのしくお酒が飲めました。

<以下セットリスト 順番は間違えてるかも>
・幽霊列車
・想像が現実を
・ギミリトルサイン
・スカっとさわやか
・さよならだって素敵なもんさ
・黒いバン
・Bye Bye シティライツ
・KOKORO

f0105810_10572749.jpg
写真はトッコちゃん。ありがとう。


さて明日6/14は中村ジョー&イーストウッズのニューシングル「Bye Bye シティライツ」発売日です。
制作元のローズレコーズでの販売は既に予約で売り切れですが、店頭・ネットショップで見つけたらぜひお買い求めください。よろしくどうぞ!!!
f0105810_10593868.jpg


[PR]
# by joenakamura | 2017-06-13 11:03 | 音楽 | Comments(0)

ライブ記録(17.05.28)

5/29の日曜日。
前夜のライブが楽しすぎたせいかベッドからなかなか起き上がれなかったが、Eテレ「日曜美術館」に大友克洋氏が出るというので慌てて飛びおきる。16世紀に活動した画家ピーテル・ブリューゲルの「バベルの塔」を氏が語る回だったが、なかなか興味深かった。実は以前氏と会える機会があったのだが棒に振ってしまい未だに後悔し続けている自分である。
しかし大友氏、新連載の話ってどうなったのかな・・・

昼は近所で今年初の冷やし中華を。「冷やし海老」なる揚げた海老がトッピングされたものを食すがこれがなかなか美味い。夏、まさに日本の夏の味である。


夜はU.F.O.CLUBにてライブ。
「トンデル天国」と言う名の、かつて同所で開催された和モノ系イベント等に出演した懐かしい面々が揃うイベントで、この夜用に結成された「鈴木やすしエクスペリエンス」のボーカルの一人として参加(他のボーカルはex港ネオンのまちこちゃんと、FAVE RAVES青山さん)。和やかで楽しい一夜だった。
過去を振り返るのは後ろ向きな気もするが、懐かしい知人らと顔をあわせ、コレが明日への活力になるのならそうそう悪くはない。(そればかりになっちゃうのはどうかと思うけどね)しかし、まさかこういったイベントが懐かしく思えるとは。時間が経つのが早いことよ。

「鈴木やすしエクスペリエンス」のセットリストはこちら
1.ヴィーナス(まちこ)
2.恋の味(まちこ)
3.蜜の誘惑(まちこ)
4.In My Lonley Room(青ちゃん)
5.Any Time You Want Me(青ちゃん)
6.ヘイ・ボーイ(中村)
7.のんびりいくさ(中村)
8.テル・ミー・モア(中村)
9.In The Midnight Hour(中村)

f0105810_11110854.jpg
写真はやっさんの所より拝借。(撮影は前方芽衣子さん)

[PR]
# by joenakamura | 2017-05-30 11:12 | 音楽 | Comments(0)

ライブ記録(17.05.27)

好天の土曜日。
動物病院で定例のジンジャー(チワワ・雄・16歳)の薬を買いに自転車で出かける。
この病院に置いてある「きょうの猫村さん」を数ページずつ読むのが楽しみなのだが、未だ1巻の途中。続きが気になって大人買いの欲望に駆られるがなんとか踏みとどまっている。大人でしょ?
そのままついでに近所をふらふらと自転車散歩する。何度も通っている商店街でもよく観れば色々な発見があるもので街はとても面白い。
気づけば正午をまわる。以前に寄った事もある寿司屋の安いランチセットを食す。ここは食後のサービスで珈琲の入ったポットが置かれていてセルフで飲めるようになっているのだが、「寿司の後に珈琲を飲む人なんているのか」と怪訝にしていたら、奥様、家族連れは慣れた調子で珈琲をたしなんでいて驚いた。まぁ自分も朝食で納豆と味噌汁を飲みながらカレーを食べたりするので同じようなものか。

家にもどりライブの準備。夜は喫茶スマイルでダンボールバットと初共演ライブである。
普段はあまり衣装等を揃えたりしないのだが、常にステージ衣装でキメて演奏するダンボールバットに敬意を評して今回は俺、カミちゃん、モンジ君ともツナギ姿でそろえてみた。まぁ掃除のおじさんみたいになったのはご愛嬌で。
残念ながらあまりお客さんは多くなかったのだけれど、自分らはいつもやらない曲を取り入れたガレージフォーキーな演奏が出来たし、ダンボールバットAMIさんとデュエットも出来たし、勿論ダンボールバットの演奏は最高だったし、総じて良い晩だったサタデーナイト。目撃できた皆さんは得してますよ!(自分基準です)

以下セットリスト
1.風船
2.気まぐれみっどないと(ハッピーズ)
3.黒いバン
4.ムーンライト・ジャーニー
5.アンドロメダ急行(ハッピーズ)
6.からっぽの青春
7.ドアからドアへ(JOEY)
8.KOKORO
9.ロンリーローラー(ヴァージンVS・AMIさんと)


f0105810_17423672.jpg
写真はトッコちゃんから。ロンリーローラー演奏中の4人。



[PR]
# by joenakamura | 2017-05-29 17:45 | 音楽 | Comments(0)