J O E N A K A M U R A B L O G

カテゴリ:音楽( 461 )

ライブ記録(16.07.23)

23日は新宿レッドクロスにてイベント「Here Come The Nice」に中村ジョー&イーストウッズで出演。
ご来場の皆さん、共演の皆さん、スタッフの皆さん、ありがとうございました。
なかなかない共演の組み合わせ、刺激的で大満喫。
主催のnecoさん、ほんとうにお疲れ様でした。誘ってくれて大感謝。

今回は披露は無理かなと思っていた、まだ合わせて二回目の新曲も出来、嬉しい誤算。
またレッドクロスなので新宿ジャム時代の仲間も多いかなと思い、ヘアがカバーしていた「Let's Stick Together」をブライアン・フェリー版でカバーしてみた次第。

【セットリスト】
1.書割の街
2.あの向こう
3.THINK OF YOU(新曲)
4.Let's Stick Together (Wilbert Harrisonのカバー)
5.マスタード
6.さよならだって素敵なもんさ
7.Bye Bye シティライツ

楽しい夜でした。帰りにパスモを無くしたのを除けば。。。

イーストウッズ、現在ライブ予定ありませんがオファーは受付中です。
メンバー多数の為予定が合わないことも多々ありますが宜しくお願いします。
joe.void.nakamura@gmail.com

f0105810_1443927.jpg

[PR]
by joenakamura | 2016-07-25 14:43 | 音楽 | Comments(0)

ライブ記録(16.07.10)

昨日はイーストウッズのリハーサルの後、阿佐ヶ谷ハーネスで田所せいじ君とライブ。
お客さんは本当に少なく無念でしたが、石垣夫妻のエレキギターとアイリッシュハープ、うの君のウッドベースを交えたせいじ君の演奏は豊かでとても良かった。みんな見れずにもったいない。

僕はといえば、久々に石垣君にギターを弾いてもらったのですが、こちらも新鮮でソリッドでサイケデリクでとてもカッコよし。また弾いてもらいたいです。

【セットリスト】
1.風船(with 石垣窓)
2.幽霊列車(with 石垣窓)
3.赤と青の絵画(with 石垣窓)
4.ハードフォークブルース(ソロ弾き語り・ハッピーズ)
5.綺麗になってくれ(ソロ弾き語り・ハッピーズ)
6.まるで今日は昨日みたい(ソロ弾き語り・ハッピーズ)
7.浮浪雲(ソロ弾き語り・ハッピーズ)
8.窓辺の露(with 石垣窓)
9.KOKORO(with 石垣窓)
10.さよならだって素敵なもんさ(with 石垣窓)

最後はせいじ君とお互いの曲を交換してカバーしあうコーナーで〆。
人の曲を歌うのは難しく僕は失敗ばかり。勉強になりました。
せいじ君の歌うハッピーズのカバーは独自解釈で面白し。

f0105810_12412778.jpg



次回ライブはイーストウッズで7/23(土)新宿レッドクロスです。ぜひ。
[PR]
by joenakamura | 2016-07-11 12:43 | 音楽 | Comments(0)

ライブ記録(16.06.05)

昨夜は自主企画「ノートル・ミュジーク」@六本木スーパーデラックスでした。

共演の入江陽ピアノトリオ、野戸久嗣、そして選曲のフミくん、山下さんもとても素敵で良い晩になったかと思います。
ご来場の皆様、まことに有難うございました。

セットリスト
1.Talk to me
2.書割の街
3.無邪気なカゲロウ
4.あの向こう
5.ダウンタウンのルージー
6.pearl of the quarter
7.さよならだって素敵なもんさ
8.マスタード
9.Bye Bye シティライツ

f0105810_2225798.jpg



次回イーストウッズのライブは7/23新宿レッドクロスです。

f0105810_22254557.jpg

[PR]
by joenakamura | 2016-06-06 22:26 | 音楽 | Comments(0)

2016.5.29 at lete

29日は下北沢leteにて「Blue Box」10周年記念弾き語りワンマンライブ。
天気もよく、陽射しのうっすら差し込むleteは大変気持ちがよく、久々に演奏する曲も多くて緊張しましたが、それもまた心地よい日曜の午後。
ご来場の皆さん、まことに有難うございました。

f0105810_11373984.jpg


改めて、荒げずりながら良いアルバムを作れたなぁと思ったこの機会(自惚れてすみません)、2019年にはセカンド「SWEET HEAT」10周年を出来ればと思います。
その前に今年の秋は「都会のハッピーズ」20周年、これも何か出来たらなあと思ってます。

その前に!
6/5(日)は自主企画「Notre musique/ノートル・ミュジーク」at六本木スーパーデラックスです。
出演は
中村ジョー&イーストウッズ
入江陽ピアノトリオ
野戸久嗣
そして場内選曲にフミヤマウト氏と山下洋氏を迎えます。ぜひとも遊びにきてください!
OPEN 18:00 START 18:30
CHARGE 2,500en/2,800en(+1ドリンク別)
ご予約はjoe.void.nakamura@gmail.comでも受け付けます!

https://www.facebook.com/events/505841102957737/

f0105810_11344156.jpg




5/29のセットリストはこちら

<第一部>
1.モーニングブルース
2.天使たち
3.ペーパーバック
4.まるで今日は昨日みたい
5.スカっとさわやか

<第二部>
1.Blue Box
2.幽霊列車
3.夜の雫
4.スターダスター
5.ナイトライド
6.からっぽの青春
7.ハードコア
8.ワイルドローズ
9.SLOW OUT
10.サニーノバ
11.KOKORO
[PR]
by joenakamura | 2016-05-31 11:40 | 音楽 | Comments(0)

2016.5.7大阪

先週の土曜は久々の大阪、それもハードレイン。どうやらハードレインは5年ぶりだったらしい。
昼頃に大阪に着き、夏のような陽気の中、とりあえずカレーとクラフトビールを頂く。

久々のハードレインはまったく何も変わっていなくて昔JOEYや中村ジョーグループで出演していた時を思い出す。
出演のメンツは若手から馴染みまで多種多様でとても面白く、懐かしいお客の面々にも顔が綻び、あっというまに終演を迎える。

僕のセットリスト(35分)は以下です。
----------------------------------------------------------------------
風船 / 幽霊列車 / ハードフォークブルース / 窓辺の露
スカっとさわやか / さよならだって素敵なもんさ / KOKORO
----------------------------------------------------------------------

終演後はムジカジャポニカに移動し打ち上げる。酒の進む非常に楽しい晩。
泥酔してメガネを無くさなければもっといい晩だったのだが(泣)

急遽作ったCDRも沢山売れて助かりました。
何枚か残っているので5/29のleteでも販売します。よろしくお願いします。

f0105810_1263537.jpg

[PR]
by joenakamura | 2016-05-10 12:10 | 音楽 | Comments(0)

ライブ記録2016(3/21)

3月21日はモナレコードで中村ジョー&イーストウッズのライブ。
ご来場の皆様ありがとうございました。
本イベント、モナレコード12周年の一環としてローズレコードのレーベルメイトでもあるLee&Small Mountainsが仕切ってくれたもの。誘ってくれてありがとう。
Lee&Small Mountains、そしてもうひとつの共演、ヤングガール3人組のThe Wisely Brothers、両者ともとても素敵で個性的。

僕らはトップの出番。8曲演奏。
我々、ニット帽4人、キャスケット1人、ベレー1人でしたが特に衣装ではありません。たまたまです。
(写真ではゆう子さんが隠れてますがニット帽着用)

f0105810_120347.jpg


以下演奏曲。
・Talk to me(リトル・ウィリー・ジョン カバー)
・無邪気なカゲロウ
・書割の街
・マスタード
・Pearl of the Quarter(スティーリー・ダン カバー)
・ダウンタウンのルージー
・さよならだって素敵なもんさ
・ラストダンスを君と

イーストウッズ、次回は少し先ですが7/23に新宿レッドクロスです。


モナレコード、ライブ会場が3階になってからは数えるほどしかライブをしてないけれど、まだ2階のみだった頃はよく演奏させてもらった。靴をぬいで演奏していたのが懐かしい。
今では顔を知ってる昔のスタッフはまったく居なくなってしまったけど、ソロ活動を始めたばかりの、モナレコードも開店してまもなくの2004~2005年頃、「からっぽの青春」を演奏してたのを曽我部君が見てくれてコンピ参加のきっかけとなったのもココだし、ゆう子さんがやってたバンド、カーニバルバルーンと共演したのをきっかけに、ゆう子さんにドラムを叩いてとお願いしたのもモナだった。色々ありました。
人にもハコもに歴史あり。
[PR]
by joenakamura | 2016-03-24 12:02 | 音楽 | Comments(0)

Blue Box リリース10周年

2006年4月21日、自分のソロデビュー1作目「Blue Box」がローズレコードより発売となった。
その2年前、ローズのコンピ「私たちの音楽 vol.1」に参加できた事がきっかけだった訳だが、それに収録の「からっぽの青春」を曽我部君が良しといってくれなかったら、このアルバムも無かったわけで、感慨深いだけではすまない。(当時は、2002年のJOEY解散後、音楽をやる気もうせて、なんとか1年後から中村ジョーグループや弾き語りなどをはじめるも上手くいかずクサっていた時期だ。)
このリリースが無ければ今も音楽をやっていたかどうか。

f0105810_2213982.jpg


今年がリリースから10年、とは分かっていたものの、特に何もするつもりはなかったのだが、人生も1度しか無いし、せっかくの区切りなのでリリース10周年としてワンマン弾き語りをすることにしました。
今でも収録の「幽霊列車」や「KOKORO」はよく演奏するけど、ご無沙汰の曲も多いのでアルバム全曲やってみようかと思います。

5月29日(日曜)の午後14時頃より、下北沢leteにて。(料金等詳しくは後日)

どうぞ、宜しくお願いします。

次回からしばらく「Blue box」制作記録をブログに書きます。
>>Blue Box制作小話はこちら
[PR]
by joenakamura | 2016-03-13 22:21 | 音楽 | Comments(0)

ライブ記録2016(2/27・3/5)

2月27日と3月5日、2つのライブが終了。
2月27日はソロの弾き語りで三鷹の「おんがくのじかん」にて揺れる魚さんの企画「言葉のしずく、水の音」に。
初めて足を運ぶところだったが、小さな教室のような面白い場所。
個性的な共演陣の演奏はお客さんとしてとても耳に嬉しい。
自分はといえば、インフルエンザ明けで喉の調子もいまひとつで数曲で声が枯れてしまい大変心苦しい演奏でありましたが7曲を弾き語り。ヘロヘロになりながらも終演後の語らいも楽しく良い晩でした。
以下セットリスト。

・幽霊列車
・白いハイウェイ(JOEY)
・ハードコア
・そう思う
・窓辺の露
・メロディ
・KOKORO
EN スカっとさわやか(ハッピーズ)

久々にJOEYの「白いハイウェイ」をセットに入れてみたのですがようや弾き語りで馴染んで歌える気がしたリリースから17年後の今日。
この「白いハイウェイ」のシングル、カップリングの「OWL」は自分で下手なドラムを叩き、「Weekend」はスギウラム杉浦君がトラック制作を手伝ってくれてます。何処かで見つけたら是非。


そして3月5日は下北沢「風知空知」にて中村大くん主催の「宇田川カウンシル」に。
この日はイーストウッズでもあるパーカッションのおきょんさんと2人編成。
以下セットリスト。

・Talk to me(リトル・ウイリー・ジョン カバー)
・書割の街(イーストウッズ)
・あの向こう(イーストウッズ)
・窓辺の露
・天使たち
・モダンラブ(デビッド・ボウイ カバー)
・さよならだって素敵なもんさ(イーストウッズ)
・KOKORO

共演の中村大&仲本興一郎、Freedom Suite Folk Club、選曲のクニミックスさんも勿論素敵でした。終演後は近くでカレーを食べて帰宅。こちらも良い晩。

f0105810_10443278.jpg



次回ライブはイーストウッズで3/21(月・祝)に下北沢モナレコードにて。
それ以降、バンドもソロもずいぶん先まで予定が無いのですが、今年はソロ1作目の「Blue Box」リリースから10年経ったので、何もしないつもりだったのですが、気が変わってせっかくなのでソロで近く何かしら企画しようかと思案中。
決まったら是非見に来てください。ひとつ。ほんとにひとつ。ほんとに。
[PR]
by joenakamura | 2016-03-07 10:50 | 音楽 | Comments(0)

コズミック・ホイール

昨夜、ふとドノヴァンの曲を聞きたくなり「Superlungs (My Supergirl)」を選ぶ。
みんな大好きグルーヴィな「バラバジャガル」が収録のアルバムの2曲目である。この曲を爆音でカバーする欲求にかられる。

考えてみると、ドノヴァンの曲は自分のツボにはまる物が数多く、有名な「Hey Gyp」に「サンシャイン・スーパーマン」「メロー・イエロー」に「魔女の季節」等々ほんとうに大好き。ちょっと少女趣味的なジャケや、精神世界モチーフの歌詞はよく分からないところもあるけれど(逆にそこも良さではあるのだけれど)、60年代後期~70年代初めの頃の彼のサウンドには、もしかしたら一番影響をうけたかもしれない。ありがとう、ドノヴァン・フィリップス・レイッチ(本名)

そういえばハッピーズがミディからシングルを96年に出した後、とある雑誌の「好きなもの紹介コーナー」で取材され、蛇革ブーツとドノヴァンのアルバム「コズミック・ホイール」を選んでいた。うん、ブレてない。

f0105810_19244854.jpg



話変わるが、NHKで今もたまに再放送されている「猫のしっぽ カエルの手」という番組に出てるベニシアさんは実にドノヴァン似だと思う。
[PR]
by joenakamura | 2016-02-11 19:29 | 音楽 | Comments(0)

弾き語り 2016.02.06

昨日は久々に渋谷カボットで弾き語り。
共演の棚木君+並木さん、The Jailbyrdsさん、ありがとうございました。皆違って皆いい音楽。

自分は8曲演奏。
人前で演奏するのは初の新曲2曲は打ち込みのリズムと一緒に。
カバー曲は追悼の意もこめてボウイの「モダンラブ」を。
ボウイの好きな曲は数あれど、自分がボウイを知った思い入れ深い曲なのでこれをチョイス。
カバーすることで歌詞を読み直しネットの情報も参考にしながら自分なりに意訳してみたが、これほど「信仰を疑え」、というハードなメッセージソングとは思わなかった。さすがボウイと胸が熱くなる。(歌詞の内容については個人的意見です。あしからず)また歌えますように。

弾き語りのライブ、自分がお客で見に行ったとき歌詞が聞き取れず煮え切らない場面があったので、今回実験的に演奏曲の歌詞を書いたものを配布してみた。(ボウイの曲は英語詞で歌ったが、紙面では意訳を掲載)5と7が新曲。
歌詞メモの配布、想像の余地を奪うようで良いのだか悪いのだか分からないが、まぁ映画のパンフレットのような感じで楽しんでもらえたら。次回配るかは未定ですが。
f0105810_11321897.jpg



終演後の飲みながらの語らいも楽し。小さいお店のライブの良いところ。
カボット10周年おめでとうございます。

次回ライブもソロ弾き語り。2/27三鷹おんがくのじかん。どうぞ宜しくお願いします。
[PR]
by joenakamura | 2016-02-07 11:42 | 音楽 | Comments(0)