J O E N A K A M U R A B L O G

カテゴリ:音楽( 471 )

okinawa

昨年に曽我部くんとライブに行ってから、1年ちょっと。
今年も沖縄宜野湾の「CD屋」にてライブをやらせてもらった。

今回は沖縄のハルニレさんとレーベルメイトの上間君と一緒。

僕は1時間ちょっと演奏した。なかなかいいライブだったと思う。

翌日は首里城、そして本部町にある沖縄美ら海水族館へ観光へ。
水族館ではでっかいジンベイザメを堪能した。
久々に行った水族館、ずっと眺めていても飽きない、不思議な空間だった。

書きたいことは沢山あるのだけれど、ともあれ出あった全ての皆さんに感謝を。
f0105810_049719.jpg

[PR]
by joenakamura | 2006-09-25 00:49 | 音楽 | Comments(0)

NIGHT AT CCC

2部構成、長丁場のCITY COUNTRY CITYのライブ 終わりましたー。
楽しかったですー。
沢山のご来場の皆さん、ほんとに長い時間ありがとう。


セットリストです。うろ覚えですけども。。。

【1部】
1.幽霊列車
2.白いハイウェイ(JOEY)
3.スターダスター
4.メロディ
5.まるで今日は昨日みたい(HAPPIES)
6.ハードコア(With吉行ケイイチロウ)
7.ナイトライド(With吉行ケイイチロウ)
8.からっぽの青春(With吉行ケイイチロウ)
9.サニーノバ(With吉行ケイイチロウ)
10.KOKORO


【2部】
1.ワイルドローズ
2.天使たち
3.夏が吹き抜ける
4.フリーキー(HAPPIES)
5.好き嫌い(HAPPIES)
6.うそが本当に(ゆらゆら帝国カバー)
7.骸骨自動車(JOEY)
8.スローアウト
9.野良猫のブルース(HAPPIES)
10.BLUE BOX(WITH西つよし)
11.VOID(WITH西つよし)


EN
1.女心と秋の空
2.ナイトクルージング(フィッシュマンズカバー)


次回東京ライブは12月です。
[PR]
by joenakamura | 2006-09-13 01:43 | 音楽 | Comments(3)

25日のモナ

柳田久美子さんの企画に出させてもらいました。
伊賀さん(WB)、ゆうこさん(Dr)との3人編成。

久々のこの3人、いい具合に揺らいでいて気持ち良かったです。
新曲も初披露しました。「メロディ」という曲です。
もう少し練っていきたい所です。

打ち上げも楽しかったです。
共演の水中、それは苦しいのジョニーさんと話したり
新鮮でした。でも少し飲みすぎました。

次回9月の12日(火)は久々東京でのワンマン弾き語りです。
コレ以降東京でのライブは未定なので東京近郊の方はぜひ。

JOE NAKAMURA.COM
[PR]
by joenakamura | 2006-08-26 15:16 | 音楽 | Comments(0)

in 仙台

日曜は仙台でライブ。

朝10時に青森のホテルを出て、駅近くで寿司ランチを食べて
いざ仙台へ。ホタテが美味かった。

仙台駅には15時ころ着。
ホテルにタクシーで移動し、しばし休憩後ヒトリで町をぶらぶらする。

19時に会場のカフェ、haven't we metへ。
すごくいい雰囲気のお店。
さくさくっとサウンドチェックを済まし、
20時にオープン。
最初は2人組みのマーブルスープさんの演奏。
その後僕の番で1時間ほど演奏。楽しかった。

その後はまたこじんまりと打ち上げ。これも楽しかった。
皆さんありがとう。
f0105810_23125789.jpg

[PR]
by joenakamura | 2006-08-21 22:25 | 音楽 | Comments(2)

in AOMORI

青森で初ライブでした。
決して大入りとは言いがたい状況でしたが、楽しい一夜でした。
元気いっぱいの、うきぐも、そしてドロノフネさんの演奏は清々しいもので
なんだかダブルオーテレサを思い出しました。
僕は40分ほどのステージを終え、その後もバースペースで
何曲も弾き語りしました。まぁ余興のようなものでしたが。
(多分バースペースの方が全然多く歌ってました)
楽しかったのはいうまでもありません。

終演後はライブをしたサブライムの店主藤井さんらと飲みに。
ウタモノとはちょい外れたオルタナ話に花が咲き最高に楽しかったです。
色んな今までの音楽生活の毛糸が、どこかで絡み合うような話。


明日は仙台です。
[PR]
by joenakamura | 2006-08-20 03:30 | 音楽 | Comments(0)

IN KYUSYU

f0105810_1635687.jpg

29、30と7年振りの九州ライブ遠征に行ってきた。

29日の昼過ぎ羽田から北九州空港へ。
エアバスで小倉に向かう。凄くいい天気で日差しが肌に痛いくらい。
風俗街ど真ん中のホテルにチェックインし、(そこしか空いてなかったのだ)
入りまで時間があるので街をブラブラする。
こういった知らない街を1人でぶらつくのはとても面白い。
ラーメンを食べ、夜8時過ぎに会場のエキーベというバーへ。
電話やメールでやりとりしていた主催の「ないあがらせっと」の中村くんと
ようやく顔あわせ。
演奏は10時過ぎくらいからスタート。先に「ないあがらせっと」の演奏。
その後10曲ほど僕が弾き語り。混沌としたバーの中が気持ちいい。
演奏を終え、数人でとあるバーで打ち上げ。気がつけば朝になっている。
5時頃ホテルに戻る。

翌日は10時にホテルをチェックアウトし、スタバでちょっとまったりした後、
迎えに来てくれた小野倉くん(ないあがらせっと関係)の車で福岡まで
連れて行ってもらう。途中ないあがら、中村君をひろい、車中では延々馬鹿話。
夕方4時には福岡に着き、近場ホテルにチェックイン後、会場のネジテパへ。
これまたとてもいい感じのカフェ/バー。
軽くサウンドチェック。共演の「むぎ茶団」さんのリハを見る。
涼しげな気持ちのいい音楽。東京でもライブしてくれるといいな。
その後食事をし、一度ホテルに戻りシャワーを浴びる。
夜8時から演奏はスタート。
諸々サウンドトラブルが発生したけれど、回復し、20曲ほど演奏。
凄く楽しかった。
ブルーボックスとからっぽの青春では、ないあがら中村君とセッション。
これまた気持ちよかった。
終演後、ないあがらチームは翌日仕事の為帰路へ。
僕はネジテパスタッフの皆さんや残ったお客さん、むぎ茶団の皆と
そのまま飲み会に突入。セッションしたり馬鹿話したり最高に楽しかった。
夜更け3時過ぎに宴は終わり、ホテルに戻る。気づけば朝。
楽しい時間はあっという間に過ぎる。
小倉まで新幹線でもどり、また北九州空港へ。12時半頃の飛行機で東京へ。
飛行機に乗る時の楽しみは、機内で選曲されたBGMなのだが
トム・ヨークのソロ曲が凄くよかった。

また色んな人と知り合えて本当に楽しかった。また是非行きたい街である。
[PR]
by joenakamura | 2006-08-01 16:04 | 音楽 | Comments(0)

KOBE OKAYAMA HIROSIMA

先ほど3日間の神戸・岡山・広島でのライブを終え、
広島のホテルにて今ネット中。

まず金曜、昼過ぎに曽我部くんと東京駅で待ちあわせ、新幹線で神戸へ向かう。
神戸のバックビートは何度もお世話になっているライブハウス。
今回は僕と田辺マモル&ラボリボルバー、曽我部くんのスリーマン。
トリの曽我部君のディープでメロウな(2時間!)のライブを終え、
以前打ち上げで連れて行ってもらった激うまの焼き鳥屋「炭玄」にて念願の打ち上げ。
まったりと夜を過ごす。

翌日は曽我部くん、ラボゆうすけらと本屋など回った後、カレー屋ルーシーに行く。
なかなか個性的な魅力あるカレー。
食事を終え、一人岡山へ。
岡山の会場は「サウダーヂな夜」というバー。ともかく素晴らしく素敵なお店。
初めての場所でワンマンなのでお客さんの入りを心配していたのだけど
沢山の方が来てくれた。嬉しい。
大きな窓をバックに実に楽しく演奏できた。
演奏後は、お店でゆったりと呑む。
主催の河島君、そしてサウダーヂの皆さん、本当にありがとう。

そして日曜、ホテルをチェックアウトし地下街で珈琲を飲み、いざ広島へ。
生憎の雨模様の広島。会場はかれえやばばじ。
手作りの暖かいライブイベント。
リハの前ばばじのカレーを頂く。噂に違わぬ美味さ!それでいて凄く優しい味!
この日もワンマンだったのだけどお客さんのカレーを食べる時間も欲しいとの
ことで休憩をはさんで2部構成の演奏。
1部ではなかなか声がうまく出ず四苦八苦したけど、2部からは開き直って
楽しく演奏できた。主催のセイコさん、gomaさんらスタッフの皆さん、
そしてばばじのママ、本当にありがとう。

こうやって知らない街を旅して演奏して思うこと。
僕の音楽遍歴はGS期からミディフォークロック時代、JOEY時代、そして今と
かなりふり幅が広いのだけど、
昔から応援してくれている人、ミディ時代が好きな人、はじめて見てくれた人など、
その皆が一緒の客席で迎えてくれることの嬉しさを痛感した。
今こうやって演奏できるのも皆があってのこと。本当に有り難いことだ。

どの時代も自分の音楽だし、今までがあって今の曲が歌えるのだなとしみじみ思う。
ソロになってから何てまだ3年くらい。弾き語りなんてまだまだだ。精進しないと。

でも、こうやって色んな街で演奏できることはほんとに楽しみだ。
何かしら聞きに来てくれた人が持って帰ってくれるといいなぁ。

月末は九州である。
[PR]
by joenakamura | 2006-07-24 03:05 | 音楽 | Comments(2)

DAIKANYAMA

代官山でライブでした。
久々に行く代官山は相変らずのお洒落タウンでした。
缶ビールを買うのも一苦労。なんだか東京に住んでるのに遠征に来たような気分。
(普段行かない街だからでしょうけどね)

ライブハウス前でビール飲んでいたら、懐かしい方にばったり会ったりして
まさに不思議感が増殖。うむむ、変な感じだ。

ライブ出演は計5組。
僕は最後の出演。今回は特典CDRを付けたのだけど楽しんで貰えたらいいなぁ。
(演奏はしませんでした。リハでは合わせたんだけど)
演奏内容はといえば、久々の西君との演奏でビリビリきました。
普通の綺麗な弾き語りサウンドを期待している人には?という感じも
するかもだけど、自分にとってはまさにドンピシャな気分。
何かがゆっくりと錆びていって、そして研磨されるような、そんなステージでした。
満足感のあるライブでした。
ご来場の皆有難う。

終演後は渋谷まで歩いて、こじんまり打ち上げ。
それも渋谷のディープスポット山家にて。(24時間営業!)
この居酒屋、高校時代から行っていて、たいしてツマミも美味い訳でもないんだけど
何だかずっと好きな店。(バンドマンには御用達)
あまりに変わらないゆるい空気の中、乾杯する。
気を抜いたらあっという間に朝になりそうなので、そそくさ退散。

暑さ、湿度、そしてライブの疲れ、そしてほろ酔いの中、電車に乗り込む。
こういう疲労感は心地いい。
[PR]
by joenakamura | 2006-07-09 02:19 | 音楽 | Comments(0)

6.29UFO

UFOクラブでのライブ。
そこUFOで働く田代君率いるTHISBOXの企画。
THISBOXはまだまだ成長過程のバンドだと思うけど(悪い意味でなく)
田代君の繊細な声に導かれるサウンドがすごく涼しげで、気持ちがいい。
かっこいい、というか折れそうなその細さが愛らしい。たとえビッグマフを踏んでいても。

で、僕らは中村ジョーセッションズとしての初の編成。
もともとは中村ジョートリオでの演奏予定だったが、西君の都合がつかず、
急遽、敬愛するLAKEの2人に参加してもらう事となった。
LAKEのEG長久保君、フルートの岩下さんとは以前にも何度か合わせたことがあるのだけど
ベースレスのこの編成は初めて。
リハも1回しか行わず、(岩下さんは不参加)4人揃うのはステージの上が初!
というにもかかわらず、あまり心配していなかった。
こなれていないサウンドというのは凄く張り詰めていて個人的にも緊張感があって
好きだし、このメンツなら、まずいい演奏ができるだろう、と漠然とした感覚があったからだ。
(それはグループ編成のとき、いつも思うことだ。)

中村ジョートリオの時の、狂った感覚は影を潜めながらも、
自分の曲を、銘々が演奏している様は、とても愛しく、いつもは深く重い北山さんの
ドラムのビートも、波のようなゆるやかさがあった気がする。

座って聞いていたお客さんを前に、淡々とした演奏されたサウンドは、さながら
水平線に揺らぐ陽炎のような感じがした。

最後の「BLUE BOX」を終え、あっという間に持ち時間が終わる。
(それでも少し時間オーバーしてしまったようだ。申し訳ない)

訥々としたいい時間だった。感謝。
[PR]
by joenakamura | 2006-06-30 03:46 | 音楽 | Comments(0)

KYOTO・HIMEJI

この土日は京都、姫路とライブでした。
京都駅に着くと、偶然にもライブで共演するビューティフルハミングバード一行と
ばったり会ったので、一緒に会場ガケ書房へ。京都はあいにく雨模様。
ライブも楽しく出来て、打ち上げもこじんまりとしながらも盛り上がって
良い晩になった。ガケ書房店主ヤマケンさんとやっと呑めたのが嬉しかったなぁ。
2時頃ホテルに戻り、ホテルの側のクラブで友達がDJをしていたので
ちょっと寄ってみる。酒もまわってきたので朝を待たず途中でホテルに戻り
気絶するように眠る。

翌日は姫路マッシュルームでライブ。
昼過ぎには姫路駅に到着。友達に行きたかった喫茶「ジャンジャン」に連れて行って
もらい名物のカレーを食べる。
起きぬけで、しかも前夜のアルコールが残っていたので
軽めな量にしてもらっても結構な量。
独特な香ばしいカレーはほんと美味だった。

ライブもレコ発という事で沢山時間をもらえ、十分に演奏できて嬉しかった。
打ち上げを中華屋で3時頃までやって、その後朝までカラオケに行く。
滅多に行かないカラオケを姫路の友達と行けたのは楽しかった。

みんな有難う。濃い2日間でした。
[PR]
by joenakamura | 2006-06-20 01:54 | 音楽 | Comments(2)