J O E N A K A M U R A B L O G

カテゴリ:生活( 407 )

ある土曜日

昨日は土曜日だけど仕事。
フリーのデザイナーをしてるので、曜日はあまり関係ありません。

昼過ぎに起きて、思い立ってちょっと買い物に出る。
薄手のジャケットを買って、天下一品でラーメンを食う。
天下一品のラーメン、たまに無性に食べたくなる。
ちなみに好きなラーメン店は、
天虎(芝大門)、らー麺きむら(戸越銀座)、多賀野(中延)でしょうか。

仕事中の楽しみは、音楽鑑賞ですが、今日は
カーティス・メイフィールドとトーキングヘッズを聞きました。
どちらも脳の奥が痺れる音楽。
久々に「ちぇるしぃ」も聞きました。熱量が半端なく多い音楽。

最期はルー・リードとジョン・ケールが
アンディ・ウォーホール追悼で作ったアルバムを聞く。
最期の「ハロー・イッツ・ミー」って曲が染みます。
[PR]
by joenakamura | 2006-05-28 05:10 | 生活 | Comments(0)

機種変

何か新しいものを手に入れるのは些細なことでも刺激的である。

携帯を機種変しただけの話なんだけど。

慣れないボタン操作がもどかしいようで、また新鮮。
始まりは何にしても、鮮やかで美しいものだ。

こんな小さな機械を新調しただけで、少し世界が変わる。

面白い。いや恐ろしい。
[PR]
by joenakamura | 2006-05-27 06:16 | 生活 | Comments(0)

鹿とハイウェイ

f0105810_337403.jpg昨日は法事のため、富士山近くの富士霊園に出かけた。祖母の納骨のためである。
午前中、伴侶の車で出発(僕は免許が無いので運転できないのだ。)なんだか怪しげな天気の中、高速をひた走る。
徐々に霧が立ち込めるようになってきて、御殿場のICを降りる頃は、まさに手探り状態、まったく回りが見えないほどの濃霧となった。
なんとか霊園に到着し、無事法事を済ます。天気は一転し青空に。(すぐまた霧が覆い隠すのだが・・・・)
家族、親族と食事をして帰路へ向かうが、途中高速が通行止めに。鹿が道路内に入り込んだので、捕獲のため上下線とも通行止めになったのだ。
事故でなく良かったし、なんとも微笑ましい話なのだが、急いでる人にはそれどころではない話だろう。

一度高速を降りて、走っている最中僕は眠ってしまって、気がつけば、もうかなり走り進んでいた。車内のBGMはピーター・アイヴァーズで、何だか白昼夢を見たような気分になった。
[PR]
by joenakamura | 2006-05-21 03:41 | 生活 | Comments(0)

東京の街を滑っていく

土曜日、夕方より5月3日の演奏のリハを伊賀さんとする。
こう2人でリハをするのは初めてでなんだか面白い。
ウッドベースとアコギと歌。それから空気。
多分半分は喋っていような気がする。

いったん帰宅し、UFOクラブに遊びにいく。モッドなイベント。
こういったイベント、昔は散々足を運んだけれど、かなり久々で懐かしくなってしまった。
友人LOW君の歌う姿が見られて良かった。

朝方帰宅し、昼ごろ起床。
暖かく絶好の散歩日和。隣の公園から子供たちの声が聞こえる。
犬たちを連れていざ公演へ散歩へ。
天気は抜群にいいのだが、隣の公園、人が多い。人波をすりぬけて散歩。

その後は自由が丘に買い物へ。
これまた人、人、人。連休の始まりを感じさせる。
若い女の子、外人、カップル、一人ぼっちのおじさん、諸々。

買い物を終えて、回転寿司を食べて帰る。
美味い回転寿司だった。ついてるな、と思う。

帰宅し、テレビを観たり呑んだり。
BGMは6月に出るランタンパレードの新譜。
僕もそろそろ新曲をまとめなくては。歌詞が書けそうな気がしてきた。今日は。
[PR]
by joenakamura | 2006-05-01 03:15 | 生活 | Comments(0)

カシミール

ライブ明けて本日、大阪で寄りたいところがあった。

「カシミール」というカレー屋で、北浜にあるお店。

僕が最初にここのカレーを食べたのは、確か10年ほど前、
まだハッピーズがGSを奏で、僕もがっつりベルボトムしか履かなかった頃のことだ。

その頃この「カシミール」は心斎橋の雑居ビルの中にあり、
見つけたのも本当にたまたまの事だった。
そしてカレーを食してみて、いたく感動したのだった。

それから数年、何度もライブで大阪に行く機会があったのだが、何故だか
「カシミール」の営業時間にうまく足を運ぶ事ができなかった。
(そのお店が不定休ということもあったのだが)

そのうち「カシミール」は堀江に移転して、現在の北浜に店を構えた。
それで今回、ようやく、というかついに!カレーを食べることが出来た。

ようやく入れた店内に座ると何だかドキドキしてしまった。
平静を装い、チキン野菜カレーを食べる。食べる時間はあっという間。
美味だったのは勿論のことだが、何だかずーっと胸につかえてたものが
ぬけたような、そんな感じだった。

追記:
10年前とはこのお店も、自分も随分と姿を変えてしまったけれど
自分はいまだに音楽をやっていて、カシミールは同じくカレーを作っている。
なんだか面白い。
[PR]
by joenakamura | 2006-04-27 22:09 | 生活 | Comments(0)

珈琲

サニーディサービスの「珈琲と恋愛」という曲を聞いたときは
若いくせしてなんて老成した曲を作るんだろうと思った。
かれこれ10年ほど前、僕がまだ25歳頃の話。

髭をたくわえた煙草好きのシンガーが喫茶店でつくったようなその曲は
とても粋で、70年代の匂いを感じさせてくれた。(実際の彼らはそんなことなかったが)
ずっと前からレコードに刻まれていたような、そんな錯覚をしてしまうような。
珈琲のCMソングで耳にしたようなそんな曲。

珈琲にまつわる一番昔の思い出は、まだ小学生低学年の頃だろうか。
パイプ好き、映画好き、そして流行り物好きの祖父が家で淹れていた光景。その匂い。

そしてコーヒー牛乳しか知らない頃、父親に連れられて珈琲専門店で
飲んだ、ちょっと大人になったようなそんな感覚。
そうアルコールとは別の「大人」を感じさせてくれる、そんなアイテムが珈琲だった。

今では、毎日何杯も口にするほどのカフェイン中毒になり、
そしていい大人の年齢になったけれど
やはり「珈琲」は大人への憧れの飲み物のような気がする。
珈琲そして、ペアであるような煙草の煙。
ついこの間見たジャームッシュ監督の「コーヒーアンドシガレッツ」はまさに
それを描いたモノクロの絵画のようだった。

そして、もうひとつ、僕にとって忘れられない珈琲の場面。
90年代の最高のTVドラマ「ツインピークス」で主人公のクーパー捜査官が飲む
「闇のような」ブラックコーヒー。
あれを見ながら何杯珈琲を飲んだだろう。ストレンジなアメリカの匂い。
その時はドーナッツも勿論忘れてはいけない。

http://www.joenakamura.com

f0105810_0412521.jpg
[PR]
by joenakamura | 2006-04-12 16:34 | 生活 | Comments(0)

HPリニューアル

HPをリニューアルして、日記もこのブログを使うことにしました。
今後とも宜しくお願いします。
いよいよ今月は僕の6年ぶりのアルバムが出ます。
バタバタとしながら、なんだかやっぱり楽しい気分です。

ライブも色々と決まってきています。今まで行ったことの無い場所にも
是非足を運んでみたいものです。

http://www.joenakamura.com


f0105810_206192.jpg

[PR]
by joenakamura | 2006-04-04 20:06 | 生活 | Comments(0)