J O E N A K A M U R A B L O G

<   2006年 07月 ( 7 )   > この月の画像一覧

誰にでも描けそうで

7月30日で終わりというので、慌てて国立近代美術館へ吉原治良展を見に行ってきました。
もともと具象の風景画などで注目を集めた彼が、試行錯誤し、最終的に抽象画へ移行し
単純にして多様な「円」をモチーフに行き着く様が見ることができました。
その時代、時代でかなり表現方法が変わっていくのですが、常に自分の表現を
模索しているその向上心に、頭が下がります。
最後の「円」シリーズは、本当に単純にして、奥が深い傑作。刺激を受けます。
僕も常に創造的でありたいと、また胸に誓いました。(どうなることやら)
f0105810_21133088.jpg

[PR]
by joenakamura | 2006-07-27 21:13 | 生活 | Comments(0)

素晴らしい音楽

昨夜は元サンサンズ(早すぎたストイックロック!HIPHOPバンド)のギタリスト
井上民雄さんのライブをUFOクラブに見に行った。

相変らずの繊細なギタープレイに魅了される。
何故こんな素晴らしいミュージシャンが表舞台で
ガンガン活躍できないのか理解に苦しむ。
いや素晴らしいものは常にアンダーグラウンドに潜っているものなのかもしれない。
民雄さんのギターは耳にこびりついた砂を揺らすような
エキセントリックで、かつオーソドックスなサウンド。
僕がたどり着きたい場所に、簡単に辿りついてしまう音。あこがれるなぁ。。

終演後は見にきていた西君と飲む。
呑みながら、夏が近いなぁと思った。
[PR]
by joenakamura | 2006-07-26 02:39 | 考え中 | Comments(0)

KOBE OKAYAMA HIROSIMA

先ほど3日間の神戸・岡山・広島でのライブを終え、
広島のホテルにて今ネット中。

まず金曜、昼過ぎに曽我部くんと東京駅で待ちあわせ、新幹線で神戸へ向かう。
神戸のバックビートは何度もお世話になっているライブハウス。
今回は僕と田辺マモル&ラボリボルバー、曽我部くんのスリーマン。
トリの曽我部君のディープでメロウな(2時間!)のライブを終え、
以前打ち上げで連れて行ってもらった激うまの焼き鳥屋「炭玄」にて念願の打ち上げ。
まったりと夜を過ごす。

翌日は曽我部くん、ラボゆうすけらと本屋など回った後、カレー屋ルーシーに行く。
なかなか個性的な魅力あるカレー。
食事を終え、一人岡山へ。
岡山の会場は「サウダーヂな夜」というバー。ともかく素晴らしく素敵なお店。
初めての場所でワンマンなのでお客さんの入りを心配していたのだけど
沢山の方が来てくれた。嬉しい。
大きな窓をバックに実に楽しく演奏できた。
演奏後は、お店でゆったりと呑む。
主催の河島君、そしてサウダーヂの皆さん、本当にありがとう。

そして日曜、ホテルをチェックアウトし地下街で珈琲を飲み、いざ広島へ。
生憎の雨模様の広島。会場はかれえやばばじ。
手作りの暖かいライブイベント。
リハの前ばばじのカレーを頂く。噂に違わぬ美味さ!それでいて凄く優しい味!
この日もワンマンだったのだけどお客さんのカレーを食べる時間も欲しいとの
ことで休憩をはさんで2部構成の演奏。
1部ではなかなか声がうまく出ず四苦八苦したけど、2部からは開き直って
楽しく演奏できた。主催のセイコさん、gomaさんらスタッフの皆さん、
そしてばばじのママ、本当にありがとう。

こうやって知らない街を旅して演奏して思うこと。
僕の音楽遍歴はGS期からミディフォークロック時代、JOEY時代、そして今と
かなりふり幅が広いのだけど、
昔から応援してくれている人、ミディ時代が好きな人、はじめて見てくれた人など、
その皆が一緒の客席で迎えてくれることの嬉しさを痛感した。
今こうやって演奏できるのも皆があってのこと。本当に有り難いことだ。

どの時代も自分の音楽だし、今までがあって今の曲が歌えるのだなとしみじみ思う。
ソロになってから何てまだ3年くらい。弾き語りなんてまだまだだ。精進しないと。

でも、こうやって色んな街で演奏できることはほんとに楽しみだ。
何かしら聞きに来てくれた人が持って帰ってくれるといいなぁ。

月末は九州である。
[PR]
by joenakamura | 2006-07-24 03:05 | 音楽 | Comments(2)

kamakura

本日はOFF。
伴侶が予約していた神奈川県立近代美術館でのワークショップに参加するため
朝9時前に家を出て鎌倉を目指す。
f0105810_3175532.jpg北鎌倉で降り、昼食用の弁当を稲荷ずしが有名な「光泉」で買い、美術館を目指し、三十分ほど歩いて、ようやく到着。ちょっと遅刻しワークショップに参加し、本日の趣旨を聞く。
開催されているスペインの彫刻家エドゥアルド・チリーダの作った土の彫刻
を真似て、皆で粘土細工をしようというもの。
説明を聞いた後、ワークショップ参加者皆でチリーダの展示を
館員の解説を交えて観てまわる。
チリーダの作品は初めて目にしたのだが、シンプルな抽象的なデザインが
実に素晴らしい。リトグラフ、エッチング、鉄の彫刻、紙で作った作品など
全てが簡素で美しい。かなりそそられる。
さらにこの美術館1951年に作られたままらしいのだが、
モダンなデザインがとてもいい感じで居るだけで気持ちがいい。

昼食後、皆で粘土細工を始める。こうやって粘土をいじるのは何時振りだろうか。
いじりはじめると面白くて、あっという間に2時間ほどが経過してしまう。
出来上がった作品の批評会?を経て夕方4時にはワークショップは終わり、
鎌倉見物へと街へ繰り出すことにする。

まず竹の庭で有名な報国寺を訪れるが、拝観時間が過ぎてしまっていたので、
近くの山の「巡礼道」に入り、ひたすら山道を登ったり下ったり。
「巡礼道」を出た後も、とにかく住宅街を歩き続け、ようやくバス通りに出る。
この時点でかなり足が疲れきっていたのだが、ここまで来たのなら!と
海に行きたくなり海岸まで歩いていくことにする。
f0105810_31872.jpg
海はいい天気だったこともありサーファーの山山山。
3メートル間隔くらいでウェイブにライドオンしている。
トランスミュージックを大音量で流す海の家に辟易しながらも、
やはり塩気のある海の匂いは気持ちがいい。
サンダルを脱いでちょっと足を海に沈ませると、思いのほか冷たい水が心地よかった。
海を後にして、ガチガチの状態の足に鞭打って、鎌倉駅方面に向けて歩き続け、
昔は銀行だったという小さなバー(内装は銀行当時のほぼ同じ状態)の「THE BANK」にてようやく休憩する事にする。f0105810_3181914.jpg
ビールが美味い。ほぼ放心状態のまま、カラダを休める。
ゆっくりと暗くなっていく時間が、何だかゆっくりとしていて、気持ちがいい。
東京からほんの少しなのに、何故だか全てが緩やかに流れていくようだった。
[PR]
by joenakamura | 2006-07-17 03:21 | 生活 | Comments(0)

梅雨時の気分転換

夕方、犬の散歩に出ると、近所の公園は湿気で靄がかかっていた。
身体中が、あっという間にべたべたとした水分に包まれ、
Tシャツは、汗でずぶ濡れ。本当に、ひどい湿気の日々だ。

普段めったにエアコンを使わない我が家なのだが、
このあまりの湿気の日々に、我慢ならなくなりエアコンを動かしたことろ
残念ながら故障していることが判明した。
(動くのだが、送風にしかならないのである。)

直径20センチほどの、ミニ扇風機で何とか家の中に風を送りながら
何かいい涼み方はないかと思案し、
バケツに水を汲んで、その中に足を突っ込んでみると、「!」というくらい涼しくなった。
この方法は、子供の頃近所のオジサンが、
「昔はクーラーなんてないから、バケツに汲んだ水に足を突っ込んで
 受験勉強したんもんだよ!」という言葉を思い出して実践したものだ。

原始的なこの方法、見た目はどうかとも思うが、なかなか実用的である。
[PR]
by joenakamura | 2006-07-15 22:49 | 生活 | Comments(0)

DAIKANYAMA

代官山でライブでした。
久々に行く代官山は相変らずのお洒落タウンでした。
缶ビールを買うのも一苦労。なんだか東京に住んでるのに遠征に来たような気分。
(普段行かない街だからでしょうけどね)

ライブハウス前でビール飲んでいたら、懐かしい方にばったり会ったりして
まさに不思議感が増殖。うむむ、変な感じだ。

ライブ出演は計5組。
僕は最後の出演。今回は特典CDRを付けたのだけど楽しんで貰えたらいいなぁ。
(演奏はしませんでした。リハでは合わせたんだけど)
演奏内容はといえば、久々の西君との演奏でビリビリきました。
普通の綺麗な弾き語りサウンドを期待している人には?という感じも
するかもだけど、自分にとってはまさにドンピシャな気分。
何かがゆっくりと錆びていって、そして研磨されるような、そんなステージでした。
満足感のあるライブでした。
ご来場の皆有難う。

終演後は渋谷まで歩いて、こじんまり打ち上げ。
それも渋谷のディープスポット山家にて。(24時間営業!)
この居酒屋、高校時代から行っていて、たいしてツマミも美味い訳でもないんだけど
何だかずっと好きな店。(バンドマンには御用達)
あまりに変わらないゆるい空気の中、乾杯する。
気を抜いたらあっという間に朝になりそうなので、そそくさ退散。

暑さ、湿度、そしてライブの疲れ、そしてほろ酔いの中、電車に乗り込む。
こういう疲労感は心地いい。
[PR]
by joenakamura | 2006-07-09 02:19 | 音楽 | Comments(0)

恵比寿の猫

今日は久々に渋谷へ自転車で向かう。
休日の渋谷の人の多さには東京人でも本当にびっくりする。

人ごみをすり抜けタワレコで買い物。
CDはアマゾンとかで買うことが多かったので、ジャケットを眺めながら物色するのが楽しい。
ブライアン・イーノなど買って、飯でも食おうかと思ったが、人の多さに疲れたので
恵比寿に移動しラーメン屋「あふり」で食事。
店裏が大きな窓越しに見えるのだが、野良の子猫が、出汁をとった残りと
思われる煮干を食べていた。
最初写真を撮ろうと窓辺に近づくと、驚いて一目散に逃げてしまった。
5分後、くらいにまた戻ってきたので、脅かさないように後ろから撮影。
可愛い黒猫だった。
f0105810_057643.jpg

[PR]
by joenakamura | 2006-07-02 00:57 | 生活 | Comments(0)