J O E N A K A M U R A B L O G

<   2007年 11月 ( 6 )   > この月の画像一覧

lete

昨夜はleteでライブでした。
何度もleteではやっているけれど何だか今日はちょいと緊張しました。
ご来場の皆さん、どうもありがとう。感謝します。

で、leteのセットリスト

第一部
1.そのてをはなさない
2.アンドロメダ急行
3.ナイトライド
4.ワイルドローズ
5.スカム
6.スターダスター
7.想像が現実を
8.ハードコア
9.甘い熱

第二部
1.幽霊列車
2.ノベンバーソング
3.こぼれそうなコップの水
4.恋になってしまった
5.からっぽの青春
6.天使たち
7.KOKORO
8.Blue Box

EN
1.サニーノバ
2.女心と秋の空

といった感じでした。

ヒトリ弾き語りはシンドイですが、やはりいつもそれを上回る程楽しいです。

来月12月は21日にleteにてまたやらせてもらいます。
ライブ収めにぜひ。
[PR]
by joenakamura | 2007-11-25 03:13 | Comments(0)

弾き語り

寒くなってきた。
自転車移動の多い僕としては、顔に吹き付ける風がたまらない。
肌がぴりぴりとする。
体はコートや手袋で防御できるが、ともかく顔まわり。
耳がちぎれるとはよく言ったものだ。耳の寒さはなかなか我慢しづらい。
耳あて(イヤーウォーマー)を買うべきだと実感する。

昨日は個人練習でスタジオ入り。
ただただ弾き語る。

「弾き語り」という言葉、いつも使っていて疑問に思うのだが
「弾いて歌う」事はあっても、なかなか「語る」ことは少ないと思うのだが
なぜこの言葉になったのだろう?
ウィキペディアで調べてみたが、直接の語源は解説していなかった。
ちょっと気になる。いや大分気になる。

さて今日は下北沢leteでワンマン。楽しみである。
演奏するのも勿論だが、店主のシンタロウさんに会うのもちょっと楽しみなのである。
[PR]
by joenakamura | 2007-11-24 02:42 | 音楽 | Comments(0)

ユニット

今日はS.L.Lの2人とリハーサル。
今回で2回目のセッションだが、なんとなく僕も入った3人のユニット名義で
何かやろうか、録音してみようか、という運びになりそうだ。

前回あわせた曲を構成をちょっと変えたりして練習する。
なんとなく形になった。あとは歌詞だ。
リハの残り時間も少なくなった頃、もう1曲とあわせてみる。
これもなんとかなりそうだ。

リハ後はファレスでユニット名はどうしようか、
という話になったがぜんぜん決まらない。
しかし、こういった名前をつける事自体が久々で面白い。
[PR]
by joenakamura | 2007-11-17 02:40 | 音楽 | Comments(0)

残すところあと3本

昨日のモナレコードのライブが終わり、
年内のライブは残すところ3本となった。
下北沢 京都 下北沢での開催で全部弾き語りだ。
来年の予定は今のところ決まってないので、ともかくこの3本をしっかりやろうと思う。

昨夜から今日にかけて、何ともいえぬ感覚が頭を、そして体をよぎる。
誰にでもあるような所在の知れない不安感みたいなものだ。

こういう奴は思案を重ねたところで拭えるものではないので
ともかく何かに打ち込んで追っ払うしかない。

だから今日はちょっと思いを多めにして仕事をしたり、ギターを弾いたりした。
後はビールでも飲めば何とかやり過ごせるだろう。


で、弾き語りのことを考えた。
今まで何回も弾き語りをしてきたけれど、1人で演奏するのはいつも恐い。
平静を装って舞台にあがるが、あの恐ろしさは常に拭えない。
演奏がはじまってしまえば無我夢中になるので忘れてしまうのだが。

なんだか今日感じたことに良く似ているな、と思った。
[PR]
by joenakamura | 2007-11-14 23:38 | 考え中 | Comments(0)

ちょっとの位置

デモでのアコギの録音だがマイクの位置だけでなんなく解消した。
そう、たかが「位置」だけですっかり音が変わる。
おもしろいものだ。

こういった事は身の回りにもよくあることで
例えばいつも通る何の変哲も無い道も、考え方ひとつで急に新鮮になったり
飽き飽きしていたCDも、とらえ方を変えただけで素晴らしく聞こえたり
昔大好きだった映画を見直してみたら、まったく感じ方が変わったり
と、自分の中を目線をちょっと変えるだけで物事は違った色合いになるものだ。

つまりは一生のうちに捕まえられる出来事の数が決まっているとしても
頭を切り替えれば無限のものが見られる、ということなのだ。
それならば、年を重ねて生きるということはとても面白い事だ。

いや、それは生きていく事に飽きぬよう、うまいこと仕組まれた
ただの脳のシステムなのかもしれない。

だとしたら、なんと素晴らしいシステムだろう。

だからきっと、僕らは色んな事を忘れるのだろう。

そして
目線をそのままの留めておく事は怖いことだ。
それしか見られない、という事だから。
[PR]
by joenakamura | 2007-11-07 04:48 | 生活 | Comments(2)

土曜

用事があって久々に下北沢に行く。
土曜の下北は本当に人が多い。自転車で道をすり抜けるのも一苦労だ。

CCCに寄って島津田四郎君と会って、leteによって、モナレコードに寄る。
モナレコードでは元ダブルオーの植木君のライブがやっていた。
かなり久々に顔を見る。元気そうでライブもはっちゃけていた。彼らしい。

家に戻り、スーパーで値下げされた刺身なんかを買って夕食にする。

夜中はなんとなくテレビをみていたらイギリス映画がやっていたのでみる。
囚人がガーデニングをする話だ。
確か前に見た気がしたが、結局最後まで見てしまった。

映画の間でエルトン・ジョンの来日公演のCMを嫌というほど見る。
エルトンは絶対カツラだと思うのだが、もう少し似合うカツラがあるような気がした。
[PR]
by joenakamura | 2007-11-04 04:21 | 生活 | Comments(0)