J O E N A K A M U R A B L O G

<   2008年 03月 ( 4 )   > この月の画像一覧

in姫路

姫路にたどり着くとポツポツと雨が降り出してきた。
かなり早めにホテルに着いてしまったのだが、
ラッキーな事にチェックインさせてくれたので
ホテルでPCでちょこちょこ仕事なんかをする。

夕方になり主催のつるんづマリーくんが迎えに来てくれて
会場のカフェEASEへ。
とても洒落ていて、BGMはアシッドで最高なお店。

イベントは満員御礼とは言えなかったが、
共演のマリーくん、ほりゆうじ君も素晴らしい演奏で
僕もいい気分で演奏ができた。

打ち上げもくだらない話満載で、「ああいい仲間にめぐまれたなぁ」と
とてもうれしく思った。

姫路に限らず、今回のツアーの京都も大阪でも、いい仲間ばかりに囲まれた。
こういうのはお金では買えない素晴らしい財産だと痛感した。
みんなありがとう。

宴を終えて2時過ぎにホテルに戻る。
ほろ酔いのいい気分のままベッドに沈む。

目を覚ましシャワーを浴びて、東京へ向かう。
あっという間の関西3日間。
見に来てくれた皆も楽しんでいてくれていたら幸いである。
[PR]
by joenakamura | 2008-03-24 22:31 | 音楽 | Comments(0)

イン大阪

昨夜は大阪ハードレインでライブ。
同い年の友人タルタニ君率いるぱぱぼっくすのイベントだ。

1番目は70年代ロックを思わせながらも
ポップセンスが光るサイケデリックハートブラボーズ。
2番目はNYパンキーなロックバンド、三文からす。
3番目に僕が弾き語りをし、
トリは、ぱぱぼっくす。
ぱぱぼっくすのライブはコーラスに深くリバーヴとディレイがかりサウンドに厚みが出て
とても素晴らしかった。今まで見た彼らのライブでも屈指の出来だったと思う。

終演後はムジカジャポニカに場所を移し楽しく飲む。
ムジカで飲むとほんとうに気持ちよく酔っ払うのだ。

今夜は姫路EASEでライブ。
今夜も楽しい晩になるだろう。
[PR]
by joenakamura | 2008-03-23 13:07 | 音楽 | Comments(0)

昨日は

昨日は京都ガケ書房でのインストアライブ。
お客さんが立ち読みなんかしている中
僕はアンプもマイクも無しで、
そのまま生の音で演奏をした。

普通のライブのように、
お客さんが常にこちらを注目しているわけではなかったので
本の精たちが舞う、ガケ書房の中に向けて、
ただただ声をはりあげて歌を歌った。
間違えたりしたけれどなかなかよく歌えたと思う。
本を片手にたたづむ皆に少しでも届いているといいのだが。

店主のヤマケンさん、貴重な営業時間に演奏させて頂いてありがとう。
お世話になりました。今度はゆっくり飲みましょう。

演奏後は友人らと食事をしながら飲む。
関西の友人と飲む酒はいつも美味しい。
店を出てウェラーズクラブに場所を変えて数杯飲んでホテルに戻る。

テレビをつけながら缶ビールを飲みなおし、ふと気がつけば朝の9時。
服のまま眠ってしまった。

そして今は大阪のホテルに移動。
今日はハードレインでライブである。楽しみだ。

写真はガケ書房でのライブ(写真撮影:たつやさん)
f0105810_14354816.jpg

[PR]
by joenakamura | 2008-03-22 14:35 | 音楽 | Comments(2)

in lete

leteでライブでした。
今回はcinnabomさん + 石垣窓クン(fromフリーボ)との共演。

夕方leteでのサウンドチェックを済ませ、開演まで近場のカフェに。
空腹だったので僕はカレーも注文するが、
ドリンク、カレーもなかなか来ず、時間が無いのでカレーを急いで食べ、
ちょっともたれてしまった。

そしてライブ。
cinnabomさん + 石垣窓クンのステージは初見だったが素晴らしかった。
終演後cinnabomさんと話して、自分の音楽のことを「サイケボッサ」と
言っていたが、まさに的を得た言葉だった。

で、自分のステージ。
今回は真ん中の曲「Blue Box」で石垣くんに参加してもらう。
サウンドチェックで少し合わせただけだったのだが、もうバッチリだった。
今までのBlue Boxセッションの中でも群を抜いていたんじゃないかな。
このセッション素晴らしかったので、またいつかやってみたい。

セットリスト
1.そのてをはなさない
2.幽霊列車
3.そうぞうがげんじつを
4.からっぽの青春
5.スカム
6.Blue Box(with 石垣窓)
7.ワイルドローズ
8.サニーノバ
9.甘い熱
en:
1.ハードフォークブルース
[PR]
by joenakamura | 2008-03-07 01:36 | 音楽 | Comments(2)